『レギオニス ~興隆編 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル レギオニス
サブタイトル 興隆編
著者 [著者区分]仁木英之 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
600円 シリーズ 中公文庫
ページ数 264p Cコード 1193
発売予定日 2018-10-23 ジャンル 教養/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784122066533 判型 文庫(A6)
内容紹介
織田家の軍団長(レガトゥス・レギオニス)で、最後に生き残るのは誰だ?
尾張国守護代の重臣で、富と力を蓄え織田弾正忠家の名を高めた織田信秀の番頭格・柴田権六勝家は、困惑していた。信秀の後継者である信長が、型破りな男だからだ。このままでは、先代がせっかく大きくした〈家〉を守ることはできない――。
武将たちの友情と裏切り、打算と駆け引きを描き、働く男たち共感必至の戦国絵巻、ここに開幕。「戦国の家は、まるで現代の会社だ!」
目次
著者略歴(仁木英之)
一九七三年、大阪生まれ。信州大学人文学部に入学後、北京に留学。二年間を海外で過ごす。二〇〇六年、『夕陽の梨 五代英雄伝』で「歴史群像大賞」最優秀賞を、『僕僕先生』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞しデビュー。累計六〇万部を超える「僕僕先生」シリーズのほか、「千里伝」シリーズ、「くるすの残光」シリーズ、『真田を云て、毛利を云わず 大坂将星伝』など著書多数。
他の書籍を検索する