『静かなる良人 ~新装版 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 静かなる良人
サブタイトル 新装版
著者 [著者区分]赤川 次郎 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
680円 シリーズ 中公文庫
ページ数 296p Cコード 1193
発売予定日 2019-12-19 ジャンル 教養/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784122068070 判型 文庫(A6)
内容紹介
浮気をして家へ帰ると、夫は血まみれで倒れており、一言「ゆきこ」と言い残して息絶えた。冷たい世間の眼と間抜けな刑事の尾行のなか、後ろめたさから自ら犯人捜しにのりだした妻の千草であったが、犯人捜し過程で、「いい人」だけど退屈で面白みのない人間、と思い込んでいた夫の意外な一面を知る……。千種は果たして夫を殺害した犯人を捜し出すことができるのか? 夫婦の絆を描いたユーモア・ミステリの傑作。〈解説〉山前譲


【目次】

プロローグ/1 ある欠伸のこと/2 闇の声/3 狭まる罠/4 夫の顔/5 サンタクロースの借金/6 朗らかな告白/7 もう一つの死/8 暗躍する夫/9 哀しい恋人/10 崩れたエリート/11 サンタクロースの妻/12 もう一人の女/13 清算/14 真実
目次
著者略歴(赤川 次郎)
赤川次郎

一九四八年、福岡県生まれ。七六年に「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、サラリーマンから作家業に専念する。八〇年に『悪妻に捧げるレクイエム』で角川小説賞を受賞。二〇一六年に『東京零年』で吉川英治文学賞を受賞。『セーラー服と機関銃』『ふたり』『午前0時の忘れもの』など著書多数。〈三毛猫ホームズ〉〈幽霊〉〈三姉妹探偵団〉など人気シリーズを多数持ち、シビアな事件・出来事を温かい視線で描き続けている。
他の書籍を検索する