『文壇放浪』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 文壇放浪
サブタイトル
著者 [著者区分]水上 勉 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
840円 シリーズ 中公文庫
ページ数 280p Cコード 1195
発売予定日 2019-12-19 ジャンル 教養/文庫/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784122068162 判型 文庫(A6)
内容紹介
小さな出版社を渡り歩き、直木賞作家に。波乱に富んだ半生を振り返りながら、様々な作家を回想、戦中・戦後の出版界が生き生きと描かれる。<解説>大木志門
目次
著者略歴(水上 勉)
水上勉

一九一九(大正八)年、福井県に生まれる。幼くして京都の禅寺に預けられる。立命館大学文学部国文科中退。一九六一年『雁の寺』で直木賞受賞。『宇野浩二伝』で菊池寛賞。『一休』で谷崎潤一郎賞、『良寛』で毎日芸術賞、『寺泊』で川端康成文学賞。二〇〇四(平成一六)年九月逝去。主な作品に『飢餓海峡』『五番町夕霧楼』『男色』『水上勉全集』(二十六巻)『新編水上勉全集』(十六巻)など。
他の書籍を検索する