『わが青春の台湾 わが青春の香港』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル わが青春の台湾 わが青春の香港
サブタイトル
著者 [著者区分]邱 永漢 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ 中公文庫
ページ数 288p Cコード 1195
発売予定日 2021-05-21 ジャンル 教養/文庫/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784122070660 判型 文庫(A6)
内容紹介
台湾人の父と日本人の母のもと、日本統治下の台湾に生まれ、東大に学び、戦後は帰郷して台湾独立運動に参加するも、二・二八事件後香港へ亡命――。直木賞作家が波瀾に満ちた半生を綴った回想録にして、現代東アジア史の貴重な証言。デビュー作「密入国者の手記」を特別収録。〈解説〉黒川 創


【目次より】

わが青春の台湾

 二人の母に育てられて/文学少年から政治青年へ/全学連の「種蒔く人」/台湾独立に傾く/さよなら、私の台湾

わが青春の香港

 編物に明け暮れた台湾のロレンス/青春の賭けに破れて商人となる/花嫁のいない結婚初夜/小説家を志して再び日本へ

〈特別収録〉密入国者の手記
目次
著者略歴(邱 永漢)
邱永漢

一九二四(大正十三)年、台湾の台南市に生まれる。東京帝国大学経済学部を卒業後、一時帰台し、台湾独立運動に関与。のち香港へ亡命し、対日貿易を手がける。五四(昭和二十九)年から日本に定住、五六年、「香港」で外国人として初めて直木賞を受賞し、作家生活に入る。八〇年日本に帰化。実業の才を生かし、株式投資、マネー関係の入門書の執筆や、ビル経営など多角経営を行い、「金もうけの神様」と呼ばれた。二〇一二(平成二十四)年、没。著書に『食は広州に在り』『中国人と日本人』『わが青春の台湾 わが青春の香港』『邱永漢短篇小説傑作選 見えない国境線』『お金持ちになれる人』『お金に愛される生き方』などのほか、『邱永漢自選集』(全十巻)、『邱永漢ベスト・シリーズ』(全五十巻)がある。
他の書籍を検索する