『女が死ぬ』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 女が死ぬ
サブタイトル
著者 [著者区分]松田 青子 [著・文・その他]
出版社 中央公論新社 レーベル
本体価格
(予定)
660円 シリーズ 中公文庫
ページ数 224p Cコード 1193
発売予定日 2021-05-21 ジャンル 教養/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784122070707 判型 文庫(A6)
内容紹介
〝あなたの好きな少女〟には、死んでもならない。清楚、母性、包容力……身勝手な幻想から私たちの心身を取り戻す50篇。シャーリィ・ジャクスン賞候補作!
目次
著者略歴(松田 青子)
松田青子

一九七九年、兵庫県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業。二〇一三年、デビュー作『スタッキング可能』が三島由紀夫賞及び野間文芸新人賞候補に、一四年にTwitter 文学賞第一位となり、一九年には『ワイルドフラワーの見えない一年』収録の「女が死ぬ」(英訳:ポリー・バートン)がアメリカのシャーリィ・ジャクスン賞短編部門の候補となった。その他の著書に『英子の森』『持続可能な魂の利用』、翻訳書にカレン・ラッセル『狼少女たちの聖ルーシー寮』『レモン畑の吸血鬼』、アメリア・グレイ『AM/PM』、ジャッキー・フレミング『問題だらけの女性たち』、カルメン・マリア・マチャド『彼女の体とその他の断片』(共訳)、エッセイ集に『ロマンティックあげない』『じゃじゃ馬にさせといて』などがある。
他の書籍を検索する