『前衛誌[日本編] ~未来派・ダダ・構成主義 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 前衛誌[日本編]
サブタイトル 未来派・ダダ・構成主義
著者 [著者区分]西野 嘉章 [著・文・その他]
出版社 東京大学出版会 レーベル
本体価格
(予定)
55000円 シリーズ
ページ数 956p Cコード 3070
発売予定日 2019-06-28 ジャンル 専門/単行本/芸術総記
ISBN 9784130802208 判型
内容紹介
わずか20年あまりの光芒であった戦前日本の前衛芸術.鷗外の未来派紹介からプロレタリア美術の弾圧まで,一瞬の,しかし世界とも連動した運動のすべてを,彼らが残した機関誌・同人誌,チラシやパンフレットなどの
「エフェメラ」から再現し,日本の前衛芸術運動の様相を明らかにする.貴重なカラー図版を多数収録した姉妹編[外国編]と同様の函入美麗豪華本.
目次
巻壱[文]
梗概
■明治末期のイタリア未来派紹介
■木村荘八のイタリア未来派交信
■大正前期の未来派・表現派受容
■東郷青兒のイタリア未来派
■大正中期の立体派・未来派・ダダ文芸紹介
■ロシア未来派と日本
■「未来派美術協会」から「三科インデペンデント」へ
■大正後期の未来派・ダダ文芸運動
■村山知義と「マヴォ」
■大正後期の新興芸術運動
■神原泰のイタリア未来派研究
■大正末期のドイツ表現派招来
■プロレタリア美術運動
■結語

巻弐[図]カラー図版212頁

図版一覧
新興藝術運動関連資料一覧
著者略歴(西野 嘉章)
東京大学総合研究博物館特任教授/インターメディアテク館長
他の書籍を検索する