『会津執権の栄誉』の詳細情報

会津執権の栄誉
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 会津執権の栄誉
サブタイトル
著者 [著者区分]佐藤 巖太郎 [著・文・その他]
出版社 文藝春秋 レーベル
本体価格
(予定)
1450円 シリーズ
ページ数 264p Cコード 0093
発売予定日 2017-04-21 ジャンル 一般/単行本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784163906355 判型 46
内容紹介
「オール讀物新人賞」受賞作家、出色のデビュー作!

この力量は本物だ!
歴史小説の明日を担う才能のデビュー作を
その目で確かめてもらいたい。――石田衣良

綿密な取材が紡ぎ出す史実と創作の融合。
「新人離れした」とは、本書のことだ。――山本一力


四百年の長きにわたり会津を治めてきた芦名家。
しかし十八代目当主が家臣の手にかかって殺されたことから
男系の嫡流が断たれ、常陸の佐竹義重の二男、義広が
婿養子として芦名家を継ぐことにに決まった。

血脈の正当性なき家督相続に動揺する、芦名家譜代の家臣たち。
義広が引き連れてきた佐竹の家臣団との間に、激しい軋轢が生じる。

揺れ動く芦名家に戦を仕掛けるのが、奥州統一を企てる伊達家の新当主、伊達政宗。
身中に矛盾を抱えたまま、芦名氏は伊達氏との最終決戦、摺上原の戦いに至る。

「夢幻の扉」でオール讀物新人賞を受賞した佐藤巖太郎が
滅亡に向かう名家と、戦国武将の意地を克明に描き切った傑作。
目次
他の書籍を検索する