『四人組がいた。』の詳細情報

四人組がいた。
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 四人組がいた。
サブタイトル
著者 [著者区分]髙村 薫 [著・文・その他]
出版社 文藝春秋 レーベル
本体価格
(予定)
650円 シリーズ 文春文庫
ページ数 304p Cコード 0193
発売予定日 2018-11-09 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784167911706 判型 文庫(A6)
内容紹介
これぞ高村流エンターテインメント!

とくに名物もない山奥の山村に、ヒマを持て余して集まる元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さんの老人四人組。村は、いつものように平穏のはすが……。
気球を使ったモダンアーティスト、若い保険外交員の娘、小学校の生徒、町史編纂する役場の職員、テレビクルーに女優……そしてたくさんの動物たちが、村でひと騒動を起こしていく。
四人は、AKBを見ながら過疎を愁い、ネットショッピングをしながら限界集落へと思いをはせる。
「日本の田舎」から今を描く、黒い笑いに満ちた短編連作。
目次
他の書籍を検索する