『落日の轍 小説日産自動車』の詳細情報

落日の轍 小説日産自動車
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 落日の轍 小説日産自動車
サブタイトル
著者 [著者区分]高杉 良 [著・文・その他]
出版社 文藝春秋 レーベル
本体価格
(予定)
700円 シリーズ 文春文庫
ページ数 272p Cコード 0193
発売予定日 2019-03-08 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784167912468 判型 文庫(A6)
内容紹介
2018年、会社を私物化した「カリスマ経営者」が逮捕された――。
大企業の〝病巣〟はすでに40年前にあった!

かつて日産自動車に君臨し〝天皇〟と畏怖された塩路一郎。組合員二十万人の労働組合の総帥として、社長人事に影響を及ぼし、経営を歪め、社内紛争を長引かせる一方、豪華クルーザーで遊び、愛人を囲い、私利私欲を極めた。なぜ彼は権勢をほしいままにできたのか。大企業の病巣に切り込む迫真の実録小説、緊急復刊!
(『労働貴族』を改題)

「救世主はいつから、なぜ、会社を食い物にするようになったのか」
「人の営みに寄り添い、心情をすくい上げた作品は滅びない」
――解説・加藤正文
目次
他の書籍を検索する