『四月になれば彼女は』の詳細情報

四月になれば彼女は
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 四月になれば彼女は
サブタイトル
著者 [著者区分]川村 元気 [著・文・その他]
出版社 文藝春秋 レーベル
本体価格
(予定)
680円 シリーズ 文春文庫
ページ数 288p Cコード 0193
発売予定日 2019-07-10 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784167913076 判型 文庫(A6)
内容紹介
胸をえぐられる、切なさが溢れだす――
『世界から猫が消えたなら』『億男』『百花』の著者が描く、究極の恋愛小説。
大反響のベストセラーがついに文庫化!

音もなく空気が抜けるように、気づけば「恋」が人生から消えている。
そんな時僕らはどうすべきか?夢中でページをめくった。
――新海誠(アニメーション監督)

こんな物騒で厄介な小説を手放しで褒めていいのか、
わたしは身を震わせる。
――あさのあつこ(作家)

4月、精神科医の藤代のもとに、初めての恋人・ハルから手紙が届いた。
“天空の鏡”ウユニ塩湖からの手紙には、瑞々しい恋の記憶が書かれていた。
だが藤代は1年後に結婚を決めていた。愛しているのかわからない恋人・弥生と。
失った恋に翻弄される12か月がはじまる――

なぜ、恋も愛も、やがては過ぎ去ってしまうのか。
川村元気が挑む、恋愛なき時代における異形の恋愛小説。

“あのときのわたしには、自分よりも大切な人がいた。
それが、永遠に続くものだと信じていた。”

“私たちは愛することをさぼった。面倒くさがった。”

“わたしは愛したときに、はじめて愛された。
それはまるで、日食のようでした。”

解説「失うことの深さ」あさのあつこ
目次
他の書籍を検索する