『闇が呼んでいる』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 闇が呼んでいる
サブタイトル
著者 [著者区分]赤川次郎 [著・文・その他]
出版社 徳間書店 レーベル
本体価格
(予定)
820円 シリーズ 徳間文庫
ページ数 608p Cコード 0193
発売予定日 2019-05-14 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784198944612 判型 文庫(A6)
内容紹介
それは、
君たちの嘘のせい。
復讐の幕があがる!


女子大生の田渕美香は友人の轟淳子、黒沼さとみ、
池内小百合と六本木の店で
マリファナを喫っていた。
ところが、薬で眠らされてしまう。
気がつくと乱暴された跡が! 

美香は外務大臣の娘。
麻薬パーティにいたなんて
知られるわけにはいかない!
同級生の西川勇吉を乱暴した犯人に仕立て上げ
逮捕させることに成功する被害者づらの彼女たち。
西川は追い詰められ自殺してしまう。

数年後「逃れることはできない」と
奇妙なメッセージが彼女たちのもとに届く。
差出人は罪を着せられた西川だった! 
復讐の幕があがる。
目次
著者略歴(赤川次郎)
1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。2017年著書600冊、作家生活40周年を迎えた。
他の書籍を検索する