『からみ合い ~〈新装版〉 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル からみ合い
サブタイトル 〈新装版〉
著者 [著者区分]南條範夫 [著・文・その他]
出版社 徳間書店 レーベル
本体価格
(予定)
680円 シリーズ 徳間文庫
ページ数 304p Cコード 0193
発売予定日 2019-05-14 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784198944667 判型 文庫(A6)
内容紹介
「遺産相続争い」小説、決定版!

この財産、めったな奴にやれるものか--。
河原専造は余命半年と宣告された。
唯一の相続人は年若き後妻。
しかし彼女が遺言状の有無を
弁護士に問い合わせていたことを知り、
専造は激怒。
過去付き合っていた四人の女が生んだ
子供たちを探し出し、
遺産の相続人に加えることにした……。
莫大な遺産をめぐって人間のあくなき
欲望が絡み合う著者の代表作。
江戸川乱歩が激賞した名作、
ついに復刊!
(解説:縄田一男)

これは私が書いた最初の推理小説である。
それまではわずかの現代小説を除き、
ほとんど時代小説であったが、たまたま、
故江戸川乱歩氏から、推理小説を書いてみないかとの
誘いがあり、かなり躊躇してから、
執筆にとりかかった。(中略)
第一回が載ると、すぐに江戸川氏から、非常に面白い、
従来の本格スリラーとは全く別のものができそうなので
大いに期待していると云うお手紙を頂き、
少々良い気分になって書きつづけたのを覚えている。
(本文「あとがき」より)
目次
著者略歴(南條範夫)
1908年、東京生まれ。東京帝国大学法学部、同経済学部卒業。満鉄調査部ほかを経て、國學院大學教授となる。『週刊朝日』の懸賞小説に入選。1956年「燈台鬼」で直木賞を受賞。以降、時代小説、歴史小説を執筆。2004年没。
他の書籍を検索する