『化学工学ハンドブック』の詳細情報

化学工学ハンドブック
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 化学工学ハンドブック
サブタイトル
著者 [著者区分]荻野 文丸 [編集]
出版社 朝倉書店 レーベル
本体価格
(予定)
20000円 シリーズ
ページ数 608p Cコード 3058
発売予定日 2021-10-15 ジャンル 専門/単行本/その他の工業
ISBN 9784254250459 判型 B5
内容紹介
21世紀の科学技術を表すキーワードであるエネルギー・環境・生命科学を含めた化学工学の集大成。〔内容〕熱力学状態量/熱力学的プロセスへの応用/流れの状態の表現/収支/伝導伝熱/蒸発装置/蒸留/吸収・放散/集塵/濾過/混合/晶析/微粒子生成/反応装置/律速過程/プロセス管理/プロセス設計/微生物培養工学/遺伝子工学/エネルギー需要/エネルギー変換/他
目次
1 熱力学
 1.1 熱力学状態量
 1.2 状態量の計算
 1.3 プロセス解析のための熱力学基礎
 1.4 非平衡熱力学
2 流体工学
 2.1 流体の流動特性(レオロジー)
 2.2 流れの状態の表現
 2.3 収支式
 2.4 流れの数値シミュレーション
 2.5 管路内の流れ
 2.6 物体まわりの流れ
 2.7 境界層内の流れ
 2.8 混相流動
3 伝熱工学
 3.1 序論
 3.2 伝導伝熱
 3.3 強制対流伝熱
 3.4 自然対流伝熱
 3.5 放射(輻射)伝熱
 3.6 相変化を伴う伝熱
 3.7 熱交換器
 3.8 蒸発装置
 3.9 燃焼装置
4 拡散分離工学
 4.1 拡散現象の基礎と分離の原理
 4.2 蒸留
 4.3 ガス吸収
 4.4 抽出
 4.5 吸着
 4.6 膜分離
5 機械的操作工学
 5.1 集塵
 5.2 ろ過
 5.3 混合
 5.4 微粒子工学
6 熱と物質の同時移動
 6.1 晶析―液相からの結晶粒子生成
 6.2 微粒子生成(気中)
 6.3 乾燥
7 反応工学
 7.1 反応工学の対象
 7.2 反応速度式
 7.3 反応速度の温度依存性
 7.4 反応装置
 7.5 不均一反応と律速過程
 7.6 反応と拡散の同時進行現象
 7.7 形態形成の反応工学の事例
8 プロセスシステムエ学
 8.1 ライフサイクルチンジニアリング
 8.2 プロセス管理
 8.3 プロセス設計
9 生物工学
 9.1 序論
 9.2 酵素工学
 9.3 微生物培養工学
 9.4 細胞培養工学
 9.5 遺伝子工学
10 エネルギーエ学
 10.1 エネルギー資源
 10.2 エネルギー需要
 10.3 エネルギー変換
 10.4 省エネルギー
索 引
資料編
著者略歴(荻野 文丸)
前京大
他の書籍を検索する