『《最新版》ドイツの街角から ~素顔のドイツ―その文化・歴史・社会 2021~ ~ 』の詳細情報

《最新版》ドイツの街角から
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 《最新版》ドイツの街角から
サブタイトル 素顔のドイツ―その文化・歴史・社会 2021~
著者 [著者区分]髙橋 憲 [著・文・その他]
出版社 郁文堂 レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 1030
発売予定日 2021-04-01 ジャンル 教養/単行本/社会科学総記
ISBN 9784261012743 判型 A5
内容紹介
◆『《最新版》 ドイツの街角から 』からの3年間をふまえ加筆訂正。情報を更新し、ドイツ及びEUの昨今の変化にも言及しています。
◆ドイツの生活、芸術、歴史、政治等を,多角的な視点から日本語で紹介。ドイツ語の背景を知るための一助となることを目指しています。様々な分野での「日独文化比較」にもなっています。
◆ドイツ学・ドイツ文化/社会入門講座での単独使用も可能。語学研修や留学、旅行などにも役立ちます。
目次
プロローグ
新生ドイツの新しい風――未来創造都市ベルリンを歩く など
ここが違う,ドイツと日本
ドイツ的経済合理性
マイスター制度
テレビの役割,様々な新聞,雑誌
ゴミ処理と環境問題
結婚もたいへん,離婚もたいへん
ドイツの「育児休業法」
大学――ドイツと日本大違い
ドイツを変えた「68年世代」
サッカーから見えるドイツ社会 など
ドイツの食文化
ドイツ料理とお菓子
ドイツ人とビール など
旅への誘い
「ドイツ的」なるもの――ライン河文化紀行 ほか
間奏曲
「魔笛」への賛歌,そして国民オペラの誕生へ など
ドイツ人と信仰
「宗教改革」の聖地を訪ねて など
オーストリア事情あれこれ
楽都に響く「フィルハーモニー」
オーストリアの激震 など
ドイツのこれからの課題,そして日本
『ハンナ・アーレント』と社会の「アイヒマン化」など
他の書籍を検索する