『きれいの手口 ~秋田美人と京美人の「美薬」 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル きれいの手口
サブタイトル 秋田美人と京美人の「美薬」
著者 [著者区分]内館牧子 [著・文・その他]
出版社 潮出版社 レーベル
本体価格
(予定)
880円 シリーズ 潮新書
ページ数 208p Cコード 0295
発売予定日 2019-07-05 ジャンル 一般/新書/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784267021855 判型 新書(B40)
内容紹介
2015 年に刊行された「きれいの手口―秋田美人と京美人の美薬」の新書化。
「終わった人」「すぐ死ぬんだから」の連続ベストセラーだけにとどまらず、昨年末の「男の不作法」「女の不作法」( ともに幻冬舎新書) でも根強い人気を証明した内館牧子のエッセイ。
「美」「きれい」という一見つかみどころのない概念を鮮やかに解き明かしていく!
カリスマ美容家・IKKO さんとの特別対談を巻頭カラーで収録!
目次
著者略歴(内館牧子)
脚本家、作家。「毛利元就」「ひらり」をはじめ多くの脚本を手掛ける。「終わった人」「義務と演技」「大相撲の不思議」など著書多数。
他の書籍を検索する