『電力流通とP2P・ブロックチェーン ~ポストFIT時代の電力ビジネス ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 電力流通とP2P・ブロックチェーン
サブタイトル ポストFIT時代の電力ビジネス
著者 [著者区分]■武田 泰弘 [著・文・その他]
■田中 謙司 [監修]
出版社 オーム社 レーベル
本体価格
(予定)
2000円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 3054
発売予定日 2019-05-18 ジャンル 専門/単行本/電気
ISBN 9784274223754 判型 A5
内容紹介
日本の新しい電力流通・取引!
FITは、太陽光発電等の再生可能エネルギーの普及を目指し2009年に開始された固定価格で一定期間、電力を買い取る制度です。そして、2019年(10kW以上は2029年)以降、買い取り期間が終わる太陽光発電設備が続々と生まれています。本書は、太陽光発電等再生可能エネルギー設置者と需要家(住宅・企業等)とのP2P電力取引について、技術やブロックチェーン・機械学習の活用を解説します。
目次
他の書籍を検索する