『データレバレッジ経営 ~デジタルトランスフォーメーションの現実解 ~ 』の詳細情報

データレバレッジ経営
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル データレバレッジ経営
サブタイトル デジタルトランスフォーメーションの現実解
著者 [著者区分]ベイカレント・コンサルティング [著・文・その他]
出版社 日経BP レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 232p Cコード 0034
発売予定日 2019-06-21 ジャンル 一般/単行本/経営
ISBN 9784296102891 判型 46
内容紹介
AI、IoT活用で悩んだら、これを読め!
DXに行き詰っても、これを読め!
デジタル時代の日本企業に贈る指南書

 「IoT(インターネット・オブ・シングズ)を導入してみたが、見るべき成果が出ない」「AI(人工知能)を活用したいが、何に使ってよいのか見当がつかない」。そんな悩みを抱える経営者やIT担当者が増えています。

 本書は悩みにDX(デジタルトランスフォーメーション)の第一人者がずばり答える待望の一冊。AIやIoTといった手段に惑わされず、経営上の目的の実現に向けデータを活用する「データレバレッジ」の発想を学びましょう。

 データレバレッジは、経営意志の達成や経営課題の解決に向けた取り組みをデータ収集・分析により加速させる方法論。経営視点で何のために、どんなデータを、どこで活用するのかを整理し、そのうえでAIやIoTなどの適切なツールを活用する。これにより従来の場当たり的な施策と違い大きな成果が得られるはずです。

 本書では、ビジネスで必要となるデータの本質や、データレバレッジの方法論の体系に加えて、すぐに実践できる具体的なアクションも詳しく解説しました。さらに基幹系などレガシーシステムからデータを解放して活用するための施策などにも言及しています。

 膨大なデータの活用により猛威を振るうGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の強みや事業戦略を分析し、日本企業の戦い方についても豊富な事例を基に解説しました。

 データレバレッジはDXを推進するためにも、強力な武器となります。前著の『デジタルトランスフォーメーション』『デジタルトランスフォーメーションの実際』と併せてお読みになれば、DXとデータ活用への知見をさらに深めることができるでしょう。

≪目次≫
第1章 データレバレッジ時代の幕開け
第2章 データ神話とその真実
第3章 データ産業、その構造と戦い方
第4章 データとの向き合い方
第5章 データレバレッジ実現へのアクション
第6章 データをレガシーの牢獄から解き放て
第7章 データレバレッジを実現する組織
第8章 データレバレッジ始動、CXを研ぐ
目次
第1章 データレバレッジ時代の幕開け
 1.なぜ今、データなのか
 2.データレバレッジとは
 3.データレバレッジは業績と直結する
 4.データレバレッジ経営の実際

第2章 データ神話とその真実
 1.「GAFAがデータで儲けている」という誤解
 2.データ神話は崩壊する
 3.データ神話崩壊後の姿

第3章 データ産業、その構造と戦い方
 1.データ産業の現状と日本企業の勝機
 2.GAFAの戦略とレバレッジ力の源泉
 3.GAFAへの挑戦状
 4.挑戦者たちに学ぶデータレバレッジのあり方

第4章 データとの向き合い方
 1.データとは何か
 2.データを理解する視点
 3.データはどの範囲まで集めるのが妥当か
 4.「データを守る」というセキュリティーの誤解

第5章 データレバレッジ実現へのアクション
 1.アクションの全体像と各アクションの概観
 2.データレバレッジに向けたチェンジマネジメント

第6章 データをレガシーの牢獄から解き放て
 1.なぜ今、レガシーからの解放が必要なのか
 2.データを解放するための方法論
 3.ブラックボックスは今すぐこじ開けられる

第7章 データレバレッジを実現する組織
 1.「CDaO」を設置せよ
 2.CDaOは独立型で設置せよ
 3.抵抗勢力を打破し、組織にデータを巡らせよ

第8章 データレバレッジ始動、CXを研ぐ
 1.データレバレッジを機能させる要素
 2.メルカリの成長ストーリー
 3.カスタマーエクスペリエンスの研ぎ澄まし方
 4.データ収集パスのつくり方
他の書籍を検索する