『風土記研究 第35号』の詳細情報

風土記研究 第35号
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 風土記研究 第35号
サブタイトル
著者 [著者区分]風土記研究会 [編集]
出版社 笠間書院 レーベル
本体価格
(予定)
4000円 シリーズ
ページ数 62p Cコード 3395
発売予定日 2012-05-15 ジャンル 専門/全書・双書/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784305003058 判型 A5
内容紹介
風土記研究会が編集する研究誌第35号。今号は坂江渉・小栗栖健治・廣岡義隆氏の論考を掲載。
目次
・歴史学研究からみた『播磨国風土記』の可能性...坂江渉
・播磨の祭り...小栗栖健治
・「伊香小江」条と「竹生嶋」条ー『近江國風土記』逸文かとされる二条についてー...廣岡義隆

風土記関係書新刊・報告・予告
著者略歴(風土記研究会)
風土記研究会
●学会誌として、従来、会員以外は入手困難だったものが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年一回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費3000円)。
【事務局】
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33 千葉大学文学部 兼岡理恵研究室内 風土記研究会 電話・Fax 043-290-2318 メール fudokikenkyu ☆ gmail.com ☆=@に
他の書籍を検索する