『時代を問う文学』の詳細情報

時代を問う文学
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 時代を問う文学
サブタイトル
著者 [著者区分]■佐藤 泰正 [著・文・その他]
■倉本 昭 [著・文・その他]
■北川 透 [著・文・その他]
■吉津 成久 [著・文・その他]
■奥野 政元 [著・文・その他]
■宮田 尚 [著・文・その他]
■渡邊 澄子 [著・文・その他]
■辺見 庸 [著・文・その他]
出版社 笠間書院 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ 梅光学院大学公開講座論集
ページ数 184p Cコード 0395
発売予定日 2012-03-16 ジャンル 一般/全書・双書/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784305602619 判型 46
内容紹介
我々の心を根底から揺さぶる、真に、時代に、死者たちに届く生きた言葉とは何か。
8名の論者が追究する。
目次
●「人間存在の根源的な無責任さ」について—災禍と言葉と失声— 
辺見 庸
●慧眼を磨き、勁さと優しさを 
渡邊澄子
●共同体と死時計—三島由紀夫『文化防衛論』について— 
北川 透
●現実とあらがうケルト的ロマン主義作家—イェイツとワーズワースと現代愛蘭作
家— 
吉津成久
●『平家物語』の虚と実—清盛の晩年— 
宮田 尚
●上田秋成が描いた空海 
倉本 昭
●運命への問い、運命からの問い—幸田露伴「運命」をめぐって— 
奥野政元
●透谷と漱石の問いかけるもの—時代を貫通する文学とは何か— 
佐藤泰正

あとがき(佐藤泰正)
執筆者プロフィール
著者略歴(佐藤 泰正)
1917年生。梅光学院大学客員教授。文学博士。著書に『日本近代詩とキリスト教』(新教出版社)、『夏目漱石論』(筑摩書房)、『佐藤泰正著作集』全13巻(翰林書房)、『これが漱石だ。』(櫻の森通信)、『中原中也という場所』(思潮社)ほか。
著者略歴(倉本 昭)
1967年生。梅光学院大学教授。「菊舎尼の和漢古典受容」(梅光学院大学公開講座論集『俳諧から俳句へ』笠間書院)、「『経雅卿雑記』拾遺」(堀切実編『近世文学研究の新展開 俳諧と小説』ぺりかん社)など。
著者略歴(北川 透)
1935年生。梅光学院大学特任教授。著書に『北村透谷・試論』(全三巻 冬樹社)、『萩原朔太郎〈詩の原理〉論』(筑摩書房)、『詩的レトリック入門』(思潮社)、『中原中也論集成』(思潮社)。
著者略歴(吉津 成久)
1937年生。梅光学院大学文学部教授。著書に『二十世紀英文学の出発 バトラーからジョイス、ロレンスへ』(前野書店)、『アメリカ詩の原点 AnneBradstreetの人生の詩』(学書房)、『ジョイスからジョイスへ』(東京堂出版)など。
著者略歴(奥野 政元)
1945年生。梅光学院大学特任教授。著書に『中島敦論考』(桜楓社)、『芥川龍之介論』(翰林書房)など。
著者略歴(宮田 尚)
1935年生。梅光学院大学名誉教授。著書に『今昔物語集震旦部考』(勉誠社)、主要論文に「「羅生門」の契機となった『今昔物語集』のテキスト」(日本文学研究39号、梅光学院大学)、「“芳一ばなし”から「耳なし芳一のはなし」へ」(論集39号、梅光学院大学・女子短期大学部)など。
著者略歴(渡邊 澄子)
1930年生。大東文化大学名誉教授。著書に『野上彌生子研究』(八木書店)、『女々しい漱石、雄々しい鴎外』(世界思想社)、『日本近代女性文学論』(世界思想社)、『評伝 与謝野晶子』(新典社)、『青鞜の女・尾竹紅吉伝』(不二出版)、『林京子 “見えない恐怖”の語り部として.』(長崎出版社)、『野上彌生子』(勉誠出版)。
著者略歴(辺見 庸)
1944年生。作家。91年『自動起床装置』(文藝春秋、のちに新風舎文庫)で芥川賞。2011年詩文集『生首』(毎日新聞社)で中原中也賞、2012年『眼の海』(同)で高見順賞。他に『もの食う人びと』(共同通信社、のちに角川文庫)、『瓦礫の中から言葉を』(NHK出版)
他の書籍を検索する