『文法的詩学』の詳細情報

文法的詩学
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 文法的詩学
サブタイトル
著者 [著者区分]藤井 貞和 [著・文・その他]
出版社 笠間書院 レーベル
本体価格
(予定)
4500円 シリーズ
ページ数 424p Cコード 0081
発売予定日 2012-11-19 ジャンル 一般/単行本/日本語
ISBN 9784305706744 判型 A5
内容紹介
「物語を読む、うたに心を託す」ために必要な言語理論を案出する書。

「時枝、佐久間、三上、松下、三矢、そして折口、山田、大野、小松光三、あるいはチョムスキー......絢爛たる文法学説の近代に抗して、機能語群(助動辞、助辞)の連関構造を発見するまでの道程を、全22章(プラス終章、附一、附二)によって歩き通す」

物語や詩歌を読むことと、言語学のさまざまな学説たちとのあいだで本書は生まれた。
古典語界の言語を当時の現代語として探究する。

【 「物語を読む、うたに心を託す」という、私の研究の道のりのなかばで、物語を解読するために、また、うたに遊弋するために、必要な言語理論を案出したい。
 教室では、既成の文法―学校文法を代表とする―を利用しながら、そして、それらが欠陥品であることを、だれもが知っていて、それらへの修復につぐ修復をみんなで試みながら、なんとか凌ぎ凌ぎして、物語やうたを読み、かつ味わい続ける。
 それに飽き足らなかった自分だと思う。いつしか、文法理論の藪へ迷い込んで、「おまえは何をしているのか」と、友人たちの訝しみの視線が、背なかに突き刺さる歳月、それでも言語じたいへの関心(夢想のような)を抱き続けてきた
 物語にしろ、うたにしろ、無数の文の集合であり、言い換えれば、テクストであって、それらが自然言語の在り方だとすると、文学だけの視野では足りないような気がする。言語活動じたいは、文学をはるかに超える規模での、人間的行為の中心部近くにある、複雑な精神の集積からなる。......はじめにより】
目次
一章 文法的詩学、その構築
二章 「は」の主格補語性(上)─「が」を押しのける
三章 「は」の主格補語性(下)─三上文法を視野に
四章 活用呼応の形成─係り結びの批判
五章 「アリ ar-i」「り」「なり」という非過去
六章 起源にひらく「き」の系譜
七章 伝来の助動辞「けり」─時間の経過
八章 「けり」に"詠嘆"はあるか
九章 助動辞「ぬ」の性格
十章 助動辞「つ」の性格
十一章 言文一致における時制の創発
     ─「たり」および「た」
十二章 推量とは何か(一)─む、けむ、らむ、まし
十三章 推量とは何か(二)─伝聞なり、めり
十四章 推量とは何か(三)─べし、まじ
十五章 らしさの助動辞
十六章 形容、否定、願望
十七章 時間域、推量域、形容域─krsm 立体
十八章 物語人称と語り─「若菜、柏木」
十九章 会話/消息の人称体系─「総角」巻
二十章 語り手人称、自然称
二十一章 敬称表示
二十二章 清、「濁」と懸け詞
終章 言語は復活するか
附一 補助動詞─『源氏物語』素描
附二 おもろさうしの助動辞、助辞
終わり書き
初出メモ
索引(文法事項、人名)
著者略歴(藤井 貞和)
藤井 貞和
1942年東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業。現代詩の詩人。古代文学、言語態。現在、立正大学教授、東京大学名誉教授。著書に『源氏物語の始原と現在』『深層の古代』『古典を読む本』『物語の方法』『物語文学成立史』『源氏物語論』『平安物語叙述論』『物語理論講義』『タブーと結婚』『日本語と時間』『人類の詩』、詩集に『ラブホテルの大家族』『遊ぶ子供』『大切なものを収める家』『神の子犬』『人間のシンポジウム』『春楡の木』ほか多数。
他の書籍を検索する