『フェリックス・ロハティン自伝 ~ニューヨーク財政危機を救った投資銀行家 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル フェリックス・ロハティン自伝
サブタイトル ニューヨーク財政危機を救った投資銀行家
著者 [著者区分]■フェリックス・ロハティン [著・文・その他]
■渡邉 泰彦 [翻訳]
出版社 鹿島出版会 レーベル
本体価格
(予定)
2400円 シリーズ
ページ数 344p Cコード 3033
発売予定日 2012-12-05 ジャンル 専門/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784306094215 判型 46
内容紹介
ナチス占領下からの逃亡にはじまり、米投資銀行ラザード・フレールでのエイビス再建、
RJR=ナビスコのLBO、松下のMCR買収……金融界を縦横無尽に活躍し、いまなお大きな発言力をもつ、F・ロハティンのめくるめく人生。
目次
プロローグ─ ナチス占領下のパリを逃れて 
第一章 人生を変えた最初の幸運 ─ エディット・ピアフ、そしてアンドレ・マイヤーとの出会い 
第二章 人生を変えた第二の幸運 ─ 合併買収部門への配置換え 
第三章 最初の大仕事= エイビス買収 ─「いっそう、がんばります」 
第四章 「イケイケどんどん時代」の到来 ─ ITT会長ジニーンとの親交第五章 ハートフォード保険会社買収劇(その一)─ ベア・ハグ計画 
第六章 ハートフォード保険会社買収劇(その二)─ ニクソン大統領登場 
第七章 ハリウッド征服の夢 ─ ワーナー買収でシナトラと交渉 
第八章 ウォールストリート崩壊の予兆 ─ 手数料自由化
第九章 「監視委員会」は「危機委員会」─ ウォールストリートは大混乱
第十章 危機から危機へ――デュポン一族対ロス・ペローの対決
第十一章 「ロッキードの危機」は「国防の危機」
第十二章 「UDC危機」は「NYC(ニューヨーク市)の危機」
第十三章 メルトダウンの危機 ─「ヘロイン漬けの不良娘」
第十四章 次から次への資金不足 ─「悪臭の都へようこそ」
第十五章 こんなゴミために知事が来てどうする? 
第十六章 「フォード大統領から市へ告ぐ、死ね!」─ これでニューヨークは救われた 
第十七章 マイヤー氏、逝く ─ そしてジャンクの帝王ミルケン、ボースキーとの出会い 
第十八章 史上最大のLBO劇、RJRナビスコ(その一)─ KKR参戦 
第十九章 RJRナビスコ(その二)─「この男、乗っ取りで一億ドルをくすねる」 
第二十章 日の目を見なかったディズニー買収 ─入園料たった一ドル値上げでこと足りたのに
第二十一章 RCAとGE合併 ─「面白いですね」とウェルチは口走った 
第二十二章 松下のMCA買収(その一)─ ハードとソフトの融合 
第二十三章 松下のMCA買収(その二)─ アメリカの偉大な文化資産の売却 
第二十四章 幻だった連邦準備制度理事会(FRB)副議長のポスト 
第二十五章 駐仏大使(その一)─ パメラ・ハリマンのたぶらかし 
第二十六章 駐仏大使(その二)─ 裏切りと失望の末の勝利 304
第二十七章 駐仏大使(その三)─ 初仕事はダイアナ妃追悼
エピローグ─ 人生は不思議、原点に戻る
他の書籍を検索する