『裁判長の沁みる説諭(仮) ~法という非情、裁判という温情 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 裁判長の沁みる説諭(仮)
サブタイトル 法という非情、裁判という温情
著者 [著者区分]長嶺 超輝 [著・文・その他]
出版社 河出書房新社 レーベル
本体価格
(予定)
950円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0000
発売予定日 2020-02-25 ジャンル 一般/単行本/総記
ISBN 9784309249407 判型 新書(B40)
内容紹介
「困ったときは、私に会いに来てもいい」……判決言い渡しのあと、被告に裁判官が語りかける説諭のなかから「沁みる」言葉を厳選。
目次
著者略歴(長嶺 超輝)
1975年、長崎県生まれ。九州大学法学部卒。フリーの著述家。デビュー著書『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書)がベストセラーに。雑誌連載、メディア出演、講演活動のほか、小説の法律監修にも携わる。
他の書籍を検索する