『オリンピックデザイン全史 1896-2020』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル オリンピックデザイン全史 1896-2020
サブタイトル
著者 [著者区分]■マルクス・オスターヴァルダー [著・文・その他]
■中川 泉 [翻訳]
■戸田 早紀 [翻訳]
■竹田 純子 [翻訳]
出版社 河出書房新社 レーベル
本体価格
(予定)
34000円 シリーズ
ページ数 1560p Cコード 0070
発売予定日 2020-12-02 ジャンル 一般/単行本/芸術総記
ISBN 9784309290737 判型 A4変形
内容紹介
1896年の第1回アテネ大会から2020年東京大会まで、125年間のオリンピック全大会のエンブレムやポスターからメダルやマスコットまであらゆるデザインを網羅して紹介する完全版。
目次
著者略歴(マルクス・オスターヴァルダー)
1964年生まれ。グラフィックデザイナー。オリンピック歴史家、アーキヴィスト、オリンピック・コレクター。約30年間、オリンピックデザインを研究。スイスの博物館に6万点の資料やコレクションを収める。
著者略歴(中川 泉)
翻訳家。D・クリスチャンセン『ビッグヒストリー』、DK社『太陽系惑星大図鑑』、P・ホワイトマン『世界の航空機 大図鑑』、R・ニッコリ『世界の飛行機』など。
著者略歴(戸田 早紀)
津田塾大学学芸学部英文科卒業。翻訳家。主な訳書、ハールバート他監修『WOMEN 女性たちの世界史 大図鑑』、オスターヴァルダー『オリンピックデザイン全史』(以上共訳)、チャーチル『風の向くまま』など。
著者略歴(竹田 純子)
翻訳家。D・クリスチャンセン『ビッグヒストリー』、DK社『太陽系惑星大図鑑』、P・ホワイトマン『世界の航空機 大図鑑』、Y・ラビン『ラビン回想録』など。
他の書籍を検索する