『図説 英国執事 新装版 ~貴族をささえる執事の素顔 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 図説 英国執事 新装版
サブタイトル 貴族をささえる執事の素顔
著者 [著者区分]村上 リコ [著・文・その他]
出版社 河出書房新社 レーベル ふくろうの本/世界の文化
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 152p Cコード 0339
発売予定日 2019-01-21 ジャンル 一般/全書・双書/民族・風習
ISBN 9784309762777 判型 A5変形
内容紹介
古き良き時代の、貴族と男性使用人たちの生活とは? 何を思い、どんな仕事をしていたの? 何時に起きて、給料はいくら? 出世の道は? 恋や結婚は? 御主人様や奥方様とのあやうい関係? ときには犯罪に走ることも……?

コミック『黒執事』作者、枢やな氏推薦!

【本文より抜粋】

●第4章「執事の日課」より

「私は正面玄関までの階段をのぼり、ドアベルを鳴らしました。すると、お仕着せ姿のあかぬけたフットマンが出てきました。私は、執事のミスター・リーを呼んでくれるよう頼みました。

『あなたは下級執事の職に応募してきた人でしょう』と彼は物柔らかに言います。

『そうです』と私は答えました。

『では、通用口のほうにお回りいただけますか。空堀(エアリア)を降りて、そこにあるベルを鳴らしてください。こちらのドアはアスター卿夫妻とそのお客様専用です』

 私は一フィート(*三〇・五センチメートル)ばかり身長の縮む思いをしながら、言われたとおりにしました。すると驚いたことに、下のドアを開けて現れたのは、さっきと同じフットマンだったのです。満面の笑みをたたえています。

『ずっと長いこと、これを言えるときを楽しみにしていたんだ』と彼は言います。

『俺がこの仕事を始めたとき、同じことをやらかして、いまみたいな歓迎を受けたものでね』

 この男は、あとでわかったことですが、ゴードン・グリムレットで、彼と私は生涯の親友になりました」



●第7章「執事の堕落」より

 スタッフの窃盗に目を光らせていたアーネスト・キング(執事)だが、そういう彼自身も、若き日にはちょっとした「過ち」を犯したことがある。温室で育てられた、その年初めてのイチゴを、誘惑に負けて食べてしまったのだ。がまんできずに二つ目を口元にはこんだところ、後ろから声をかけられた。「アーネスト、ほどほどに頼む! 私の分も少し残しておいてくれよ」──主人はそれだけ言って去っていった。彼にとって「生涯一度きりの窃盗」であった。
目次
序章  執事の幻影

第1章 執事の起源

第2章 主人の生活

第3章 執事の出世

第4章 執事の日課

第5章 執事の生活

第6章 執事の余暇

第7章 執事の堕落

第8章 執事と主人
著者略歴(村上 リコ)
東京外国語大学卒業。文筆・翻訳家。著書に『図説英国メイドの日常』『図説英国執事』(河出書房新社)、翻訳に『図説メイドと執事の文化誌』(原書房)、『図説英国のインテリア史』(マール社)等多数。
他の書籍を検索する