『パンダのパンやさん』の詳細情報

パンダのパンやさん
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル パンダのパンやさん
サブタイトル
著者 [著者区分]岡本 よしろう [著・文・その他]
出版社 金の星社 レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 Cコード 8793
発売予定日 2019-04-16 ジャンル 児童/絵本/日本文学、小説・物語
ISBN 9784323074351 判型
内容紹介
下町の老舗のパン屋さん「ぱんだ」(お店のロゴは、PANDA)は、パンダの4人家族(パパ、ママ、男の子、赤ちゃん)が営む人気のパン屋さん。毎朝、焼きたてのパンを求めて、お店は地域のお客さんで大賑わい。午後になると、パパパンダと子パンダは、町のお得意さまのところへ、パンの配達にでかけます。配達先は、下町の色々な食べ物屋さん。ウサギの和菓子屋さん、イヌのお蕎麦屋さん、ライオンの喫茶店、神社に寄り道して、トラの中華屋さん、ネコのあんみつやさん、キツネのお好み焼き屋さん、ブタのコロッケ屋さん。配達のさいごに、親子でボート遊びをして、一日が終わります。翌日は日曜日。町のみんなは、公園へピクニックにでかけます。お昼の時間、「せーの!」で開いたみんなのお弁当は……? あんこトースト、ごもくそばパン、お好みサンドなどなど、それぞれが「ぱんだ」のパンをアレンジしてつくった、楽しいお弁当パン! みんなの「おいしーーーーい!」の声が空に響きました。
目次
著者略歴(岡本 よしろう)
1973年山口県宇部市生まれ。1997年武蔵野美術大学油絵学科卒業。絵画・立体・動画・インスタレーションなど、幅広く創作活動を行う。絵本の作品…『おうち』(中川ひろたか文/金の星社)『生きる』(谷川俊太郎・詩/福音館書店)『かおはめえほん たすけてー!』(あかね書房)『100円たんけん』(中川ひろたか文/くもん出版)『まちぼうけの生態学』『おいかけっこの生態学』 (遠藤知二文/福音館書店)など。
他の書籍を検索する