『ジオコスモスの変容 ~デカルトからライプニッツまでの地球論 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ジオコスモスの変容
サブタイトル デカルトからライプニッツまでの地球論
著者 [著者区分]■ヒロ・ヒライ [編集]
■山田 俊弘 [著・文・その他]
出版社 勁草書房 レーベル bibliotheca hermetica叢書
本体価格
(予定)
4800円 シリーズ
ページ数 304p Cコード 3310
発売予定日 2017-02-18 ジャンル 専門/全書・双書/哲学
ISBN 9784326148295 判型 A5
内容紹介
近代科学の創始者であるガリレオやニュートンが活躍した17世紀。天動説と地動説をめぐって論争が繰り広げられ、世界と歴史の理解が大きく変わったこの科学革命の時代に、知識人たちは化石、鉱物、火山活動、気象といったものから、地球がどのようなものだと考えていたのか。デンマーク人ステノを案内人に、「ジオ・コスモス」(大地の世界)観の変容を読み解く。
目次
bibliotheca hermetica叢書の発刊によせて(ヒロ・ヒライ)

プロローグ──科学革命の時代の地球観
 1 地球をめぐる学問
 2 従来の研究と本書のアプローチ
 3 ステノの生涯

第一章 ルネサンスのジオコスモス
 1 ジオコスモスはどのように描かれたか
 2 アグリコラの鉱山学と地球論
 3 自然誌、鉱物誌、そして博物館
 4 コスモグラフィアとゲオグラフィア

第二章 デカルトと機械論的な地球像
 1 デカルトの地球論
 2 デカルトの地球論の背景と問題
 3 ガッサンディの地球論
 4 ステノにおけるデカルトとガッサンディ

第三章 キルヒャーの磁気と地下の世界
 1 キルヒャーのイタリア体験─碩学が生まれるまで
 2 地球論としての『マグネス』
 3 『マグネス』から『地下世界』へ
 4 ジオコスモスをめぐるキルヒャーとステノ

第四章 ウァレニウスの新しい地理学
 1 ウァレニウスの生涯と著作
 2 ウァレニウスの『一般地理学』
 3 新科学の影響とデカルト批判
 4 ウァレニウスとステノ

第五章 フックの地球観と地震論
 1 フックの地球論とその背景─鉱物コレクション
 2 『ミクログラフィア』と地球論
 3 フックの地震論──一六六八年の論説を中心に
 4 フックとステノ─自然誌と地球の年代学

第六章 ステノによる地球像とその背景
 1 『温泉について』
 2 『サメの頭部の解剖』
 3 『プロドロムス』
 4 ジオコスモスの変容と新しい地球論の意味

第七章 スピノザとステノ──聖書の歴史と地球の歴史
 1 聖書解釈の問題
 2 スピノザとステノの邂逅
 3 『プロドロムス』と『神学・政治論』
 4 聖書と地球についての歴史学

第八章 ライプニッツと地球の起源
 1 ライプニッツの地下世界への関心
 2 『プロトガイア』と原始地球
 3 ステノからライプニッツへ──両者の交流の背景
 4 歴史の総合を企てるライプニッツ

エピローグ
あとがき
初出一覧
図版一覧
文献一覧
人名索引
著者略歴(ヒロ・ヒライ)
ヒロ・ヒライ  1999年より学術ウェブ・サイト bibliotheca hermetica(略称BH)を主宰。同年にフランスのリール第三大学にて博士号(哲学・科学史)取得。Early Science and Medicine誌編集補佐。共著書に『ミクロコスモス:初期近代精神史研究』(月曜社、2010年)や『知のミクロコスモス:中世・ルネサンスのインテレクチュアル・ヒストリー』(中央公論新社、2014年)。勁草書房においてBH叢書を監修。2012年に第九回日本学術振興会賞受賞。
著者略歴(山田 俊弘)
山田俊弘(東京大学大学院研究員)
他の書籍を検索する