『建設業界DX革命』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 建設業界DX革命
サブタイトル
著者 [著者区分]小柳 卓蔵 [著・文・その他]
出版社 幻冬舎 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 0034
発売予定日 2021-11-01 ジャンル 一般/単行本/経営
ISBN 9784344934498 判型 46
内容紹介
保守的な建設業界に革命を起こせ!

地方の土木建設会社が、MR(複合現実)技術・ホロストラクション開発で
「建設DXの旗手」になるまでの軌跡――

このままでは自社だけでなく、業界も先がない……
日本の建設業界はきつい・汚い・危険という3K職場のイメージがあり、
労働者の減少が著しく、特に若者の就職希望者が減っている。
省人化・効率化を推し進め、魅力ある業界に変わるためにはDXが不可欠だ。

日本マイクロソフトと共同開発。
最新のテクノロジー・ホロストラクションでDXに成功した企業の挑戦の記録

建設業界はきつい・汚い・危険という3K職場のイメージから、若者の就職希望者が減り、
慢性的な人材不足が続いています。
人が足りなければ効率よく業務を進めなければいけませんが、
建設業界はいまだにアナログで非効率な職場のままです。
金融会社に勤務していた著者は家業の小柳建設株式会社に入社し、
デジタル化が進んでいた前職と比べてあまりにもアナログな職場に驚きます。
小柳建設だけでなく建設業界の将来性を危惧した著者は、
会社のIT化を進めていくことを決意し、
アメーバ経営やシステムのフルクラウド化を取り入れます。
2016年に日本マイクロソフトと共同で、
MR(複合現実)技術・ホロストラクションの開発を始めました。

本書ではアナログで非効率だった職場から「ホロストラクション」の誕生により
「建設DXの旗手」と称されるまでの小柳建設の軌跡を紹介します。
目次
他の書籍を検索する