『子どもの才能を伸ばす会話、つぶす会話(仮)』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 子どもの才能を伸ばす会話、つぶす会話(仮)
サブタイトル
著者 [著者区分]杉山芙沙子 [著・文・その他]
出版社 青春出版社 レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 0037
発売予定日 2020-01-30 ジャンル 一般/単行本/教育
ISBN 9784413231305 判型 46
内容紹介
卓球、フィギュアスケート、競泳、将棋…など若手選手が大活躍! 親ならば子どもの才能をどうにか伸ばし、育ててあげたいと思うものです。しかし、飛躍のカギは「才能」にはありません。じつは親子の「会話」にあります。元プロテニスプレーヤーの杉山愛の母であり、10代の錦織圭選手をスランプから脱け出し世界のトップへと押し上げるサポートをしていた杉山芙沙子さん。彼女は2人とも決して才能があったわけでも体格に恵まれていたわけでもないと言い、「会話」によって、自ら考え、行動し、やりきる子へと成長したと言います。いったいそこにはどんな「会話」があったのか?親子の会話を通して、「どんなことでも、どんな環境でも、楽しめる子。自ら幸せになれる子」への育て方を記した一冊。
目次
著者略歴(杉山芙沙子)
一般社団法人次世代SMILE協会代表理事。1949年生まれ。聖心女子大学卒。娘・杉山愛のコーチ、チームディレクターとして世界ツアーを共に転戦。自身が代表を務めるパーム・インターナショナル・スポーツ・クラブで、現在も多くのジュニア選手を育成している。一方で、スポーツで世界を目指す親子をサポートする活動もおこなっている。著書に『一流選手の親はどこが違うのか』などがある。
他の書籍を検索する