『化石燃料の逆襲 ~暑すぎる地球よ、さようなら ~ 』の詳細情報

化石燃料の逆襲
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 化石燃料の逆襲
サブタイトル 暑すぎる地球よ、さようなら
著者 [著者区分]■ロビン・ツイッディ [著・文・その他]
■小島 亜佳莉 [翻訳]
出版社 創元社 レーベル よごされた地球★たのしく学ぶ、これからの環境問題①
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 32p Cコード 8340
発売予定日 2019-12-04 ジャンル 児童/全書・双書/自然科学総記
ISBN 9784422400402 判型 B5
内容紹介
複雑で難しくなりがちな、地球規模で取り組む必要のあるこれからの環境問題。それらを3つのテーマに絞り、飽きずに読み切れるSF風物語に仕立てた学習本。第1巻は石炭・石油などの化石燃料と地球温暖化がテーマ。時は3025年、場所は火星を周回する宇宙ステーション内の学校。これから火星に移住しようとする子供たちに向けて、かつての「地球」で起こった、化石燃料による取り返しのつかない環境破壊の講義が始まりました。
目次
ようこそ生徒のみなさん!
レッスン1 化石燃料初級編
レッスン2 産業革命
レッスン3 一大ビジネス
レッスン4 かくれたコスト
レッスン5 とにかく暑すぎる!
レッスン6 不十分で、遅すぎた対策
レッスン7 南極圏
レッスン8 地球からの大脱出
レッスン9 新しい希望、第二の地球
最終試験
地球でやらなくてはいけなかったこと
用語集・さくいん
著者略歴(ロビン・ツイッディ)
イギリス最大の書店ウォーターストーンズや、廃棄物処理に関わる企業などでの職務経験がある。2017年にはアングリア・ラスキン大学で消費者心理学の修士号を取得。2018年から子ども向けのノンフィクション作品を書き始める。著作には、森の自然や生き物について書いた“Forest Explorer”シリーズや、機械やテクノロジーが私たちの生活にもたらした影響について書いた“How Machines Changed the World”シリーズなどがある。
著者略歴(小島 亜佳莉)
1991年福井県生まれ。龍谷大学国際文化学部卒、サセックス大学国際関係学修士課程修了。翻訳書に『移民や難民ってだれのこと――国際化の時代に生きるためのQ&A①』、『合意ってなに? なぜだいじなの?――国際化の時代に生きるためのQ&A ④』(共に創元社)がある。
他の書籍を検索する