『原寸復刻「浪花百景」集成 ~One Hundred Views of Naniwa ~ 』の詳細情報

原寸復刻「浪花百景」集成
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 原寸復刻「浪花百景」集成
サブタイトル One Hundred Views of Naniwa
著者 [著者区分]橋爪 節也 [編集]
出版社 創元社 レーベル
本体価格
(予定)
10000円 シリーズ
ページ数 192p Cコード 1071
発売予定日 2020-12-01 ジャンル 教養/単行本/絵画・彫刻
ISBN 9784422710204 判型 A4
内容紹介
『浪花百景』は幕末に成立した名所錦絵の代表作で、中判組物、全102点(目録2点含む)からなる。歌川国員、南粋亭芳雪、里の家芳瀧の歌川派絵師三人による合作で、大坂船場の板元、石川屋和助から刊行された。その美術的価値から展覧会でもたびたび公開され、地誌・郷土史の基本史料としても盛んに参照されている。しかしながら、作品そのものについての本格的な研究は近年緒についたばかりで、美術作品としての評価や比較検証も、絵にこめられた意味の解読もまだこれからである。本書の目的は、まず、保存状態が最良の完本を原寸復刻し、極力実物に近づけ美麗に印刷再現した鑑賞性の高い画集とすることにある。さらに、初めての本格的な研究書として、地誌的観点と美術史的観点で多角的に作品解説をほどこし、概説から絵師の画業と特性、異なる摺りの比較研究など、各種の論考を備える。各館の作品所蔵状況を調査した一覧資料や関連図版・参考文献も付し、将来の発展的研究に資する基本文献となることを目指す。
目次
はじめに
凡例
◆第一章 論考編
『浪花百景』の世界――読み解くための手引き 橋爪節也
『浪花百景』を描いた三人の絵師たち――国員・芳雪・芳瀧 曽田めぐみ
◆第二章 図版編(原寸復刻)
 目録二点・第一景~第百景
◆第三章 作品解説編
 目録二点・第一景~第百景 橋爪節也・曽田めぐみ・澤井浩一・船越幹央・俵和馬・島﨑未央
◆第四章 研究・資料編
『浪花百景』研究史 曽田めぐみ
各館所蔵作品の異同 曽田めぐみ
所蔵館一覧
掲載作品一覧
現在地略地図
参考文献
索引
おわりに
著者略歴(橋爪 節也)
橋爪節也(はしづめ・せつや)
大阪大学総合学術博物館教授、同大学大学院文学研究科兼任。1958年、大阪市生まれ。東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。同大学大学院修了後、同大学美術学部附属古美術研究施設助手、大阪市立近代美術館(仮称)建設準備室主任学芸員を経て現職。著書『モダン道頓堀探検』『大大阪イメージ』『大阪の橋ものがたり』『橋爪節也の大阪百景』(創元社)、『映画「大大阪」観光の世界』『戦後大阪のアヴァンギャルド芸術』(大阪大学出版会)、『モダン心斎橋コレクション』(国書刊行会)、『はたらく浮世絵 大日本物産図会』『大正昭和レトロチラシ』(青幻舎)、『森琴石作品集』(東方出版)、『木村蒹葭堂全集』(藝華書院)ほか多数。
他の書籍を検索する