『手紙を書いてマスコミにPRする方法』の詳細情報

手紙を書いてマスコミにPRする方法
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 手紙を書いてマスコミにPRする方法
サブタイトル
著者 [著者区分]坂本 宗之祐 [著・文・その他]
出版社 自由国民社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 304p Cコード 0034
発売予定日 2016-04-08 ジャンル 一般/単行本/経営
ISBN 9784426120719 判型 46
内容紹介
◆『お手紙プレスリリース』で、あなたの“想い"を上手に伝えてみませんか?

記者とコネができ、何度も取材してもらえます!





今、マスコミに届くプレスリリースの多くは、ゴミ箱行きです。

なぜなら、「心」が感じられないからです。

見た目はこぎれいにまとまっていますが、

「マスコミを宣伝に使おう」というあざとさが、記者に見抜かれています。

取材する気にならないものばかりなのです。

誰もが知るような有名企業のプレスリリースでも、正直こういうものが大半です。



ですが、僕は考えました。

真摯に仕事に取り組む方々の「想い」を、「手紙」という形でしたためれば、

きっと多くのマスコミ記者の心をとらえるに違いない─。

規模は小さくても、真摯な思いを持って事業に取り組む方々が、

次々とマスコミに想いを手紙で伝え始めたら、どうなるだろうか─。



お手紙のような書き方で、想いを込めてマスコミにアプローチする。

この方法をクライアントさんに指導し始めたところ、 予想通り「取材が来ました! 」という報告が相次ぎました。



あなたもぜひ、マスコミに宛てた『お手紙プレスリリース』を書いてみてください。

あなただからこそできる、社会貢献を発信してください。

きっとマスコミ記者とのつながりと共感が生まれていきます。

マスコミ記者は、自らの仕事の使命を思い出し、燃えます。

そして多くの人々が、あなたの存在を新聞テレビで知ることで救われます。

あなたとマスコミと世の中の「三方よし」が実現するのです。

この本が、あなたを新しいステージに導く一冊になることを心から願っています。

【「はじめに」より抜粋】






目次
第1章 なぜ、マスコミにお手紙を書くべきなのか?

第2章 お手紙プレスリリースを書こう

第3章 伝える「想い」を明確にする

第4章 マスコミ記者のニュース観を、脳内インプットする

第5章 自らの強みを知り、取材されやすいメディアを見つける

第6章 お手紙プレスリリースの送り方

第7章 メディア掲載実績を武器に、取材の連鎖を図る

第8章 ブログをつくって発信する
著者略歴(坂本 宗之祐)
メディアコンサルタント。慶應義塾大経済学部卒。読売新聞記者、電通PRシニアコンサルタントを経て現職。
読売記者時代は社会部に所属。11年で全国5000人超を取材し、一面トップを始め多数の記事を執筆。
その後、PR会社「電通パブリックリレーションズ」シニアコンサルタントとして複数の上場企業に関わる。
このほか、ウェブ記者としてヤフーニュースのトピックス記事を多数執筆し、月間最大1800万PVを記録した。
マスコミから取材を受けるセミナーやコンサルティングを行い、無名だった多数のクライアントが、
朝日新聞、NHK、読売新聞、毎日新聞、中日新聞など主要マスコミへの登場を果たしている。
他の書籍を検索する