『神様に愛される一杯の「お茶」習慣』の詳細情報

神様に愛される一杯の「お茶」習慣
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 神様に愛される一杯の「お茶」習慣
サブタイトル
著者 [著者区分]■こが みのり [著・文・その他]
■北極老人 [著・文・その他]
出版社 自由国民社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 212p Cコード 0095
発売予定日 2017-05-10 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784426121600 判型 46
内容紹介
お茶には、人が生まれ変わるための秘密が眠っています。
その深遠な世界に触れたら、きっとあなたも虜になりますよ。

◇主な内容

第一章 新しい自分に目覚める二十一日間の朝茶習慣

一日目 お茶で真我に出会う
◆実践1 未来の自分を感じよう
二日目 自分だけの急須を持つ
◆実践2 肌感覚で選ぼう
三日目 茶器に名前をつけよう
◆実践3 茶器を煮沸しよう
四日目 茶器の個性を引き出す
◆実践4 お白湯で心を鎮めよう
五日目 茶葉の個性を愛する
◆実践5 茶葉を選ぼう
六日目 「専用化」して「神社化」する
◆実践6 専用の道具を揃えよう
七日目 目と目で会話をする
◆実践7 お茶を淹れよう
八日目 祈って神様にお預けする
◆実践8 祈りながら淹れよう
九日目 香りを幸せのスイッチにする
◆実践9 お茶に合うお香を探そう
十日目 光と闇を愛でる
◆実践10 太陽に手をかざそう
十一日目 自分の心と向き合う
◆実践11 相手の心を感じよう
十二日目 心を磨く
◆実践12 丁寧に洗おう
十三日目 お茶を淹れる神域をつくる
◆実践13 専用の場を用意しよう
十四日目 無意識を意識化する
◆実践14 自分が発する音を聞こう
十五日目 空間を良い気で満たす
◆実践15 見えないところを掃除しよう
十六日目 産土神の功徳をいただく
◆実践16 お茶の産地を訪ねよう
十七日目 水を浄化する
◆実践17 古事記を音読しよう
十八日目 浄化で心を清める
◆実践18 酒風呂で浄化しよう
十九日目 一期一会で生きる
◆実践19 感謝の気持ちを伝えよう
二十日目 一座建立を良しとする
◆実践20 客人をおもてなししよう
二十一日目 心を修める
◆実践21 開運習慣を続けよう


第二章 過去と決別した私の物語


付録 北極老人師直筆護符
目次
第一章 新しい自分に目覚める二十一日間の朝茶習慣
第二章 過去と決別した私の物語(ストーリー)
著者略歴(こが みのり)
幼い頃から人生に疑問を持ち、僧侶にぶつけるも明快な答えを得られず。
18の春に比叡山へ出家を志願するも叶わず。疑問を抱えつつ、パワーストーンの道に希望を託し、20代にして名物店長にまでのぼりつめる。
その後、北極老人と出会う。以来、北極老人に師事し、精神世界の修養を重ねる。
2014年、茶肆ゆにわの店長に抜擢される。
水、茶葉、茶器、空間に至るまで徹底的にこだわり、また店長の人柄にも注目が集まる。
訪れた人に時に母親のように、また友人のように接し、人生相談に乗る中で
「人生観が変わった」との声が多く寄せられ、良縁(茶縁)を結ぶお茶屋と評判に。
彼女が淹れる深くまろやかなお茶の味は「他の喫茶店では味わえない」と根強いファンも多い。
著者略歴(北極老人)
第六感により霊と人間の区別がつかない幼少期を過ごす。
その苦しみから逃れるため受験勉強に没入。気づけば大手予備校の全国模試で全国1位に。
数万冊の本を読破。1998年、大学受験ミスターステップアップ開塾。
現在は、グレイトティーチャー株式会社にて、スタッフの人材育成に専念する。
特技は一度食べた料理の味を記憶し再現できること。
他の書籍を検索する