『好み物の世界 ~茶の湯の道具 宗匠方が託した趣の沙汰 ~ 』の詳細情報

好み物の世界
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 好み物の世界
サブタイトル 茶の湯の道具 宗匠方が託した趣の沙汰
著者 [著者区分]目片 宗弘 [著・文・その他]
出版社 淡交社 レーベル
本体価格
(予定)
2800円 シリーズ
ページ数 176p Cコード 0076
発売予定日 2012-01-20 ジャンル 一般/単行本/諸芸・娯楽
ISBN 9784473037916 判型 B5
内容紹介
茶の湯の伝統は利休や織部、遠州、不昧、各流派の家元といった多くの茶人たちの美意識や知識、感性を集積することによって形成されてきました。中でも、「好み物」はその美意識、知識、感性が凝縮された存在であると共に日本人が長く守り伝えてきた年中行事をも私たちに伝えてくれます。茶席の取り合わせを引き締める役割をも担う「好み物」に込められた先匠たちの想いを意匠や銘などから探ります。
目次
著者略歴(目片 宗弘)
茶道家
他の書籍を検索する