『日本が外資に喰われる』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本が外資に喰われる
サブタイトル
著者 [著者区分]中尾 茂夫 [著・文・その他]
出版社 筑摩書房 レーベル
本体価格
(予定)
940円 シリーズ ちくま新書
ページ数 320p Cコード 0233
発売予定日 2019-03-05 ジャンル 一般/新書/経済・財政・統計
ISBN 9784480072054 判型 新書(B40)
内容紹介
「資産の壮大な歴史的移転」はなぜ起きたのか。転換点となった不良債権処理ビジネスの力学を解明し、「失われた30年」が物語る日本社会の仕組みを描く。
目次
著者略歴(中尾 茂夫)
1954年生まれ。明治学院大学教授。経済学博士。シカゴ連邦準備銀行、トロント大学、西ミシガン大学、カリフォルニア大学リバーサイド校、タイNIDA、中国人民大学、マカオ大学等で、客員研究員・客員教授を、国内ではNHKやJBIC(国際協力銀行)等の依頼による調査研究主査を務める。著書に、『ジャパンマネーの内幕』(岩波書店、第32回エコノミスト賞)、『ハイエナ資本主義』(ちくま新書)、『トライアングル資本主義』(東洋経済新報社)などがある。
他の書籍を検索する