『中高生からの日本語の歴史』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 中高生からの日本語の歴史
サブタイトル
著者 [著者区分]倉島 節尚 [著・文・その他]
出版社 筑摩書房 レーベル
本体価格
(予定)
860円 シリーズ ちくまプリマー新書
ページ数 240p Cコード 0281
発売予定日 2019-03-05 ジャンル 一般/新書/日本語
ISBN 9784480683458 判型 新書(B40)
内容紹介
言葉は人びとの暮らしや文化を映し出す鏡です。日本語という謎に満ちた言語は、どのようにして私たちが今日知るような形になったのか。その全体像を明かします。
目次
著者略歴(倉島 節尚)
1935年長野県生まれ。1959年東京大学文学部国語国文学科を卒業後、三省堂に入社。以後、30年間国語辞典の編集に携わる。『大辞林』(初版)の編集長。1990年から大正大学文学部教授。2008年より名誉教授。著書に『辞書と日本語』(光文社)、『辞林探究――言葉そして辞書』(おうふう)、『見て 読んで よくわかる! 日本語の歴史』(全4巻、筑摩書房)、監修・著書に「辞書・事典のすべてがわかる本」(全4巻、あすなろ書房)ほか多数。
他の書籍を検索する