『漂流者の生きかた』の詳細情報

漂流者の生きかた
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 漂流者の生きかた
サブタイトル
著者 [著者区分]■五木 寛之 [著・文・その他]
■五木寛之 [著・文・その他]
■姜 尚中 [著・文・その他]
■姜尚中 [著・文・その他]
出版社 東京書籍 レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 232p Cコード 0095
発売予定日 2020-07-09 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784487811212 判型 46変形
内容紹介
五木寛之と姜尚中が対話。
私達はみな、故郷をねこそぎにされた「漂流者」ではないか。いまもっとも対談が切望されるふたりの初の本。
十年にわたる対話と、「いのち」についての語りおろし。
目次
第Ⅰ部 「鬱の時代」を生き抜く
 悩むことの必要
 躁の時代から鬱の時代へ
 不安の時代における個人の発見
 見えない戦争の時代を生きる
第Ⅱ部 無力=パワーレスパワー
 東日本大震災の空気
 浄土と希望
 「二者択一」ではない世界
 ビニール質の思想
第Ⅲ部 日本人であることの限界
 日本人の御利益と階級社会
 はみだしていった者たちの歴史
 故郷を奪われた者として生きる
 デラシネの末裔
第Ⅳ部 漂流者の生きかた
 働く場所がふるさとだ
 移動する者の減少
 格差が生んだもの
 漂流者の覚悟
第Ⅴ部 おれたちはどう生きるか
 鵺として生きる
 階級社会と格差
 区別されることからのエネルギー
 裁かない生きかた
他の書籍を検索する