『ビジョントレーニングでアルファベットはじめてドリル』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ビジョントレーニングでアルファベットはじめてドリル
サブタイトル
著者 [著者区分]■北出 勝也 [監修]
■村上 加代子 [監修]
出版社 東京書籍 レーベル
本体価格
(予定)
1300円 シリーズ
ページ数 120p Cコード 8082
発売予定日 2020-10-31 ジャンル 児童/単行本/英米語
ISBN 9784487813537 判型 B5
内容紹介
●ビジョントレーニングとは、眼球運動のコントロール能力など視覚能力を向上させる訓練方法で、もともとはアメリカ空軍のパイロット用に開発されました。現在では、軍事のみならず、プロスポーツの現場や、ディスレクシア(読み書き障害)の治療にも応用されている画期的学習法です。

●日本人の子どもたちのなかには、アルファベットを書くことが苦手になってしまう子がいます。その原因は、ひらがなやカタカナを書くときに使う目の動きとアルファベットを書くときに使う目の動きが違うことからきています。
アルファベットでは、

1 曲線が右から左に進む
2 同じ線を戻る動きがある
と日本語の文字を書き方が異なるためです。
これは発達障害を抱えた子どもだけでなく、普通の子どもでも苦手になりがちです。

●本書では、文字を読み書きする前に、専門家が監修した、ビジョントレーニングに取り組み、子どもの視機能を向上させて、それから、文字を読む、文字を書くというスモールステップ式で、丁寧に家庭で指導できるようになっています。

●また、発音のルール=[フォニックス]も習得でき、英語との違いを理解しながら[ローマ字]も学べるまさに、英語学習のはじめの一歩となるワークブックです。

●子どもに苦手意識を持たせない、発達障害を抱えた子どもでも取り組める方法で、英語の読み書きの基礎をしっかり身に付けられます。
目次
著者略歴(北出 勝也)
北出勝也  
視機能トレーニングセンター Joy Vision 代表。村田諒太選手を指導するなど、日本では数少ない視機能の専門家。
著者略歴(村上 加代子)
村上加代子 
神戸山手短期大学准教授。英語における特別支援の第一人者。
他の書籍を検索する