『言語の七番目の機能』の詳細情報

言語の七番目の機能
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 言語の七番目の機能
サブタイトル
著者 [著者区分]■ローラン・ビネ [著・文・その他]
■高橋 啓 [翻訳]
出版社 東京創元社 レーベル
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ 海外文学セレクション
ページ数 496p Cコード 0097
発売予定日 2020-09-24 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784488016760 判型 46
内容紹介
1980年、フランスの哲学者、記号学者のロラン・バルトの交通事故死のニュースが世界をかけめぐった。ミッテランとの会食直後のことだった。事故当時彼が持っていたはずの書類が消えていた。実はそれは、国家の安全保障に関わるものとのことで、パリ警視庁のバイヤール警部に捜査の命令が下る。バルトは事故死ではない! とすれば、いったい誰がロラン・バルトを殺したのか? しかし、学者の世界、記号学や哲学などまったくちんぷんかんぷんの警部は若い記号学者シモン・エルゾグを助手に指名し、二人でパリ大学から、ボローニャ、ヴェネツィア、アメリカのイサカ、と世界を駆け巡る。どうやら消えた書類は言語の七番目の機能についての論文らしい。ヤコブソンの「言語の六つの機能」に続く、もうひとつの機能に関する論文……。謎の秘密組織〈ロゴス・クラブ〉、ブルガリアの秘密警察、ロラン・バルト、ミシェル・フーコー、ウンベルト・エーコ、ジュリア・クリステヴァ、ジャック・デリダ、ドゥールーズ&ガタリ、アルチュセール、ラング、サール……実在の学者、政治家等々が乱舞する学問と政治をめぐる007! 『HHhH――プラハ1942年』で、世界の文学界を驚嘆せしめたビネによる記号学的ミステリ。
目次
他の書籍を検索する