『妖怪奉行所の多忙な毎日 ~妖怪の子預かります7 ~ 』の詳細情報

妖怪奉行所の多忙な毎日
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 妖怪奉行所の多忙な毎日
サブタイトル 妖怪の子預かります7
著者 [著者区分]廣嶋 玲子 [著・文・その他]
出版社 東京創元社 レーベル
本体価格
(予定)
720円 シリーズ 創元推理文庫
ページ数 256p Cコード 0193
発売予定日 2019-01-12 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784488565091 判型 文庫(A6)
内容紹介
妖怪奉行所では、烏天狗一族がお役目を一手に引き受けている。飛黒は烏天狗の筆頭であり、奉行の月夜公の右腕だ。そんな飛黒が双子の息子右京と左京を奉行所に連れてきた。双子も将来はお役目につく身、今のうちに見学させておこうというわけだ。今日も様々な妖怪の訴えを受けて、てんてこ舞いの烏天狗達。だが、その陰で月夜公の甥の津弓、妖怪の子預かり屋の弥助を巻き込むとんでもない事件が進行していた。大人気シリーズ第七弾。
目次
他の書籍を検索する