『GREAT BOSS(グレートボス)  ~シリコンバレー式ずけずけ言う力 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル GREAT BOSS(グレートボス) 
サブタイトル シリコンバレー式ずけずけ言う力
著者 [著者区分]■キム・スコット [著・文・その他]
■関 美和 [翻訳]
出版社 東洋経済新報社 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 424p Cコード 3034
発売予定日 2019-03-01 ジャンル 専門/単行本/経営
ISBN 9784492046418 判型 46
内容紹介
世界一人材競争の厳しいシリコンバレーでは、
「いい人」でも「命令」でも人を動かすことはできない。
キーワードは「徹底的なホンネ(ラディカル・キャンダー」だ!

「うまくアドバイス&指導ができない」
「部下が辞めていく&育たない」
「会議が静かで意見が出てこない」
「多忙すぎて心身共にヘトヘト」  etc
すべてのリーダーの悩みを解決!

部下のパフォーマンスと成長を最大限に引き出し、
最高のチームと職場にする究極の「ホンネ」メソッドを公開!



アップルやグーグルの管理職研修プログラムを手がけ、
名だたるIT企業のCEOのコーチに迎えられた
シリコンバレーのカリスマによる最強の上司マニュアルが本邦初公開。
目次
PART1 最高の職場を作る新しいマネジメント手法

CHAPTER1「徹底的なホンネ」の関係を築く  ――職場であなたのすべてを見せる
CHAPTER2「徹底的なホンネ」のフレームワーク ――開かれたコミュニケーションの文化を作る
CHAPTER3「成長管理」のフレームワーク ――部下のやる気の源を理解し、夢の実現を手助けをする
CHAPTER4「GDSサイクル」 ――力を合わせて結果を生み出すフレームワーク


PART2 ツールとテクニック

CHAPTER5 部下との信頼関係を構築する ――自分を犠牲にしないで良い職場を作る
CHAPTER6 フィードバック文化のつくりかた ――批判と賞賛を与え、受け取り、奨励する
CHAPTER7 「成長管理」の実践 ――退屈させず、燃え尽きさせないテクニック
CHAPTER8 「GDSサイクル」で結果を出すための「ミーティング」のコツ ―― 一緒に仕事を成し遂げるためにできること

著者略歴(キム・スコット)
キム・スコット
Candor, Inc.創業者
FCC(米国連邦通信委員会)の上級政策顧問、コソボの小児科医院のマネジメント、モスクワでのダイヤモンド切削工場開設、ソビエト企業基金のアナリストなどの異色のキャリアを経て、ジュース・ソフトウェア(Juice Software)の共同創設者兼CEOに就任。同社破綻後グーグルで、アドセンス、ユーチューブ、ダブルクリックの営業と運用チームを率い、アップル大学の教員を経て、キャンダー・インクを創設。現在、ドロップボックス、ツイッター他、いくつかのハイテク企業でアドバイザーを務めている。夫のアンディー・スコットと双子とともにサンフランシスコのベイエリアに暮らす。また3冊の小説を上梓している。
著者略歴(関 美和)
関 美和(セキ ミワ)
翻訳家、杏林大学外国語学部准教授。
慶應義塾大学文学部・法学部卒業。電通、スミス・バーニー勤務の後、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経てクレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。また、アジア女子大学(バングラデシュ)支援財団の理事も務めている。
他の書籍を検索する