『徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか ~家康のあっぱれな植物知識 ~ 』の詳細情報

徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか
サブタイトル 家康のあっぱれな植物知識
著者 [著者区分]稲垣 栄洋 [著・文・その他]
出版社 東洋経済新報社 レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ
ページ数 232p Cコード 0021
発売予定日 2015-03-27 ジャンル 一般/単行本/日本歴史
ISBN 9784492061947 判型 46
内容紹介
★日本人の植物常識はすごい!

●加藤清正が築城した熊本城は食べられる城だった!
●なぜ戦国武士は草食系の食事で戦い続けられたのか
●植物の知識で暗躍した甲賀忍者
●世界最大のリサイクル都市、江戸はどうやって作られた
●大名がやっかいな雑草を家紋にした理由
●なぜ関ヶ原の戦いで家康は生米を食べるなと指示したのか
などなど、戦国の世から江戸時代における植物と武士の知られざる関係を描く
これまでにない驚きの日本史!
目次
第1章 徳川家康はなぜ江戸を都に選んだのか
第2章 完全リサイクルの循環型社会ができるまで
第3章 お城にはなぜ松が植えられているのか
第4章 三河武士の強さは味噌にあり
第5章 織田信長はトウモロコシが好き
第6章 門外不出だったワサビ栽培
第7章 花は桜木、人は武士
第8章 ヨーロッパ人を驚かせた園芸大国
第9章 徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか
著者略歴(稲垣 栄洋)
稲垣 栄洋(イナガキ ヒデヒロ)
静岡大学大学院教授
1968年静岡市生まれ。岡山大学大学院修了。専門は雑草生態学。農学博士。自称、みちくさ研究家。農林水産省、静岡県農林技術研究所などを経て、現在、静岡大学大学院教授。著書は、『身近な雑草の愉快な生きかた』(ちくま文庫)、『都会の雑草、発見と楽しみ方』 (朝日新書)、『雑草に学ぶ「ルデラル」な生き方』(亜紀書房)、『弱者の戦略』(新潮選書)、『散歩が楽しくなる雑草手帳』(東京書籍)など50冊以上ある。
他の書籍を検索する