『藤沼塾講演録Ⅱ 専門職業人にとっての判断(Professional judgement)』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 藤沼塾講演録Ⅱ 専門職業人にとっての判断(Professional judgement)
サブタイトル
著者 [著者区分]藤沼亜起 [著・文・その他]
出版社 同文舘出版(株) レーベル
本体価格
(予定)
2400円 シリーズ
ページ数 280p Cコード 2034
発売予定日 2019-09-27 ジャンル 実用/単行本/経営
ISBN 9784495208714 判型 A5
内容紹介
“専門職業人としての判断力と決断力を養う”ことを目的に、藤沼塾第一期同様、第一線で活躍する講師陣を招聘。専門職業人として行った判断の経緯や内容、それがもたらす意味について、講演内容とともに塾生との討論を収録する!
目次
第1回「監査判断と監査意見の形成」藤沼 亜起(IFAC・JICPA元会長)
第2回「司法判断と弁護士の使命」久保利 英明(弁護士、日比谷パーク法律事務所 代表パートナー)
第3回「税務判断と税理士の使命」鳥飼 重和(鳥飼総合法律事務所 代表弁護士、税理士)
第4回「行政判断と専門家の判断の違い」佐々木 清隆(金融庁総括審議官(当時)、現在 総合政策局長)
第5回「経営判断における会社役員の責任」荻原 紀男(㈱豆蔵ホールディング代表取締役社長、公認会計士)
第6回「女性専門職業人が判断を下す時の課題」竹谷 とし子(参議院議員、公認会計士、税理士)
特別回「専門家が判断を下すということの意味〰監査判断を基礎に〰」八田 進二(大原大学院大学教授、青山学院大学名誉教授)
付 録「藤沼塾を受講して想うこと」
著者略歴(藤沼亜起)
公認会計士・元国際会計士連盟(IFAC)会長・元日本公認会計士協会会長・元IFRS財団トラスティー評議員会副議長
他の書籍を検索する