『日本原価計算制度形成史』の詳細情報

日本原価計算制度形成史
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本原価計算制度形成史
サブタイトル
著者 [著者区分]建部宏明 [著・文・その他]
出版社 同文舘出版(株) レーベル
本体価格
(予定)
2900円 シリーズ
ページ数 320p Cコード 2034
発売予定日 2019-04-18 ジャンル 実用/単行本/経営
ISBN 9784495209315 判型 A5
内容紹介
原価計算制度の起源として政府直営作業場で形成されてきた制度の展開は、通説とされてきた系譜とは異なるものと捉えられる。新たな枠組みで日本原価計算制度形成史を考察する!
目次
第1章 原価計算制度史へのアプローチ
第2章 大蔵省による出納規程の整備
     -財政会計制度を源流とする原価計算制度の初期的胎動1
第3章 政府作業場への作業費に関する3規程の導入
     -財政会計制度を源流とする原価計算制度の初期的胎動2
第4章 「簿記順序」に見る原価計算制度の初期的展開の一齣
     -財政会計制度を源流とする原価計算制度の誕生
第5章 海軍工廠における原価計算制度の進展
     -財政会計制度を源流とする原価計算制度の成長(海軍工廠のケース)
第6章 鉄道工場における原価計算制度の進展
     -財政会計制度を源流とする原価計算制度の成長(鉄道工場のケース)
第7章 海軍側からの国家総動員体制における原価計算制度の構築
     -財政会計制度を源流とする原価計算制度の成熟
第8章 産業合理化運動とドイツ原価計算制度の移植
     -ドイツ原価計算制度を源流とする原価計算制度の誕生・成長と成長
第9章 陸軍側からの国家総動員体制における原価計算制度の構築
     -ドイツ原価計算制度を源流とする原価計算制度の成熟
第10章 概念フレームワークとしての「製造工業原価計算要綱」
     -わが国統一原価計算制度の形成
第11章 「原価計算基準」の制定と新たなる原価計算制度の形成
第12章 結論:わが国原価計算制度の形成過程
他の書籍を検索する