『上杉鷹山とイノベーション経営』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 上杉鷹山とイノベーション経営
サブタイトル
著者 [著者区分]■水尾純一 [著・文・その他]
■田中宏司 [著・文・その他]
■蟻生俊夫 [著・文・その他]
出版社 同友館 レーベル
本体価格
(予定)
1900円 シリーズ
ページ数 250p Cコード 0034
発売予定日 2020-04-30 ジャンル 一般/単行本/経営
ISBN 9784496054631 判型 46
内容紹介
「為せば成る 為せば成らぬ 何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」
これは江戸時代の名君として知られる”上杉鷹山”の言葉である。
上杉鷹山を扱った小説や伝記は多くあるものの、彼の藩政改革について、イノベーション経営や企業倫理といった現代経営の視点から紹介、解説した書籍はこれまで非常に少ないのが現状であろう。働き方改革が叫ばれる今こそ、組織と人間の管理術の要諦にヒントを与える上杉鷹山の思想に触れる意義がある。
本書は上杉鷹山のさまざまな功績について、財政改革、産業改革、組織改革など、イノベーション経営の点から解説し、現代の企業経営への影響、共通点、示唆なども含めて紹介する。
目次
他の書籍を検索する