『技術は人なり。 ~丹羽保次郎の技術論 ~ 』の詳細情報

技術は人なり。
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 技術は人なり。
サブタイトル 丹羽保次郎の技術論
著者 [著者区分]東京電機大学 [編集]
出版社 東京電機大学出版局 レーベル
本体価格
(予定)
1600円 シリーズ
ページ数 168p Cコード 1050
発売予定日 2007-09-11 ジャンル 教養/単行本/工学・工学総記
ISBN 9784501622305 判型 46
内容紹介
社会の一翼を担う若い技術者へ贈るバイブル
目次
第1章 ファクシミリ開発物語
 世界で誰も成功していない写真電送装置の開発を決意
 完成に向かって課題を一つずつ解決
 独自の工夫を数多く採用して試作機が完成
 写真電送の実験に見事成功
 装置の調整に苦戦する外国勢
 実用的な写真電送実験に成功
 独・仏技術に国産技術が圧勝
 携帯型写真電送装置の開発にも成功
第2章 技術のすがた—技術は人なり
 技術発達のいろいろなかたち
 伝統と環境について
 技術の融通性と適応性について
 総合技術と構成技術の水準について
 技術にひそむ妥協性について
 若き技術者のために
第3章 若き技術者に贈る
 理想と現実について
 よき技術者たる要件
 技術生活の実践について
 職業と職場について
 技術生活の苦楽について
 卒業生にのぞむこと
第4章 丹羽保次郎伝
 学生時代
 逓信省電気試験所
 日本電気
 東京電機大学設立

あとがき
年表
他の書籍を検索する