『日常生活の中の真理 仏典篇』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日常生活の中の真理 仏典篇
サブタイトル
著者 [著者区分]谷口 雅春 [著・文・その他]
出版社 日本教文社 レーベル
本体価格
(予定)
1857円 シリーズ
ページ数 314p Cコード 0014
発売予定日 2006-10-10 ジャンル 一般/単行本/宗教
ISBN 9784531051502 判型 A5
内容紹介
毎日の生活の中に何か物足りなさを感
じる若者に、この本を勧めたい。本書
の第Ⅰ部は、古代インドの大富豪・
維摩が説いた維摩経について、生長
の家創始者である著者が語ったラジオ
講話が元になっており、柔らかい口調
で深い真理が語られている。 著者は、
維摩経について「仏教の真理を実際生
活に―単に仏門に入って僧侶の生活を
するんじゃなくって―俗生活において
如何に仏教を生きるかということを説
いた経典としては、最も優れている」
(7ページ)と書いている。 たとえ
ば、「維摩はですね、『悟りというも
のは、何も難しいことはない。日常生
活そのものが悟りである』こういうよ
うに教えたわけなんであります。その
まま当たり前のことを当たり前にやっ
ているところに、そこに真理自ら現れ、
光自ら現れるのが座禅」であると述べ、
「子供が親に対して『お父さん、お母
さん、お早うございます』と優しい語
調で挨拶しているその姿、そこに真理
が現れている」(80~81ページ)
と説明している。 第Ⅱ部では、法華
経、般若心経、華厳経などの経典につ
いても説明している。これらの仏典の
真理を理解し、日常生活に活かすとき、
生活はもっとスムーズに、生き生きと
輝いてくるに違いない。 この「常生
活の中の真理」シリーズにはこの仏典
編の他、無門関・聖書篇も出ている。
目次
他の書籍を検索する