『ビジュアル マーケティングの基本〈第4版〉』の詳細情報

ビジュアル マーケティングの基本〈第4版〉
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ビジュアル マーケティングの基本〈第4版〉
サブタイトル
著者 [著者区分]野口 智雄 [著・文・その他]
出版社 日本経済新聞出版社 レーベル
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ 日経文庫
ページ数 184p Cコード 1234
発売予定日 2017-08-15 ジャンル 教養/新書/経営
ISBN 9784532119355 判型 B6変形
内容紹介
★第3版の発行(2011年11月)から5年以上が経過し、マーケティング手法としてネットを介したマーケティングがずいぶんと浸透してきました。「企業→顧客」という手法を超えて、「個人→個人(口コミなど)」、「共創」というコンセプトが広がり、キャッチアップするニーズが高まっています。また、ビッグデータを使って顧客分析する企業も増えています。このあたりの項目を新たに追加しました。

★一方、モノ(情報)を届けるチャネルでも、ネットの普及により、消費者はいつ、どこでも商品を購入できるようになりました。実店舗とネット販売を融合した「オムニチャネル」などの項目も加えます。

★目次構成
第I章 マーケティングの考え方(「マーケティング3.0」などを追加)
第II章 市場のつかみ方(「SNSマーケティング」、「ビッグデータの活用」などを追加)
第III章 製品管理の方法
第IV章 価格の設定方法
第V章 チャネルの構築方法(「オムニチャネル」などを追加)
第VI章 コミュニケーションの実施方法(「マーケティング手段の多様化」「C to C取引の隆盛」などを追加)
目次
第Ⅰ章 マーケティングの考え方

第Ⅱ章 市場のつかみ方

第Ⅲ章 製品管理の方法

第Ⅳ章 価格の設定方法

第Ⅴ章 チャネルの構築方法

第Ⅵ章 コミュニケーションの実施方法
著者略歴(野口 智雄)
早稲田大学社会科学総合学術院教授
1956年東京都生まれ。1984年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得。横浜市立大学助教授、早稲田大学助教授を経て、1993年から現職。2006年3月から2008年3月までスタンフォード大学経済学部にて、客員研究員として米国のマーケティング、流通の研究を行う。
他の書籍を検索する