『思考からの逃走』の詳細情報

思考からの逃走
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 思考からの逃走
サブタイトル
著者 [著者区分]岡嶋 裕史 [著・文・その他]
出版社 日経BP 日本経済新聞出版本部 レーベル
本体価格
(予定)
1600円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0036
発売予定日 2021-02-24 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784532176976 判型 46
内容紹介
9割の学生が「AIに就職先を相談したい」
乗換案内の結果、グルメサイトの評価、
そして検索エンジンの導くサイトも疑わない。
もはや、人間は考えることを望んでいない?

では、「自分で考えること」を手放さないのは誰なのか?
失敗を許容しない社会で「意思決定」はどう変わるのか?

なぜ人間は「自分で考えること」を手放すのか?
自動運転車に搭載すべき倫理観、デジタル化が生んだ握手会、
善意の監視とパノプティコンなど、失敗を許容しない社会の問題を幅広く解説。
目次
本書目次より抜粋

第1 章 意思決定を放棄する私たち
・就職活動という発表会
・「ここだけの話」はもうできない
・なぜ学生は思考を放棄したのか
・創造的な仕事はそんなにしたくない ほか

第2 章 能力の外部化の果てに何があるのか
・SNSは囲い込む、決めさせる
・人間の歴史は外部化の歴史
・監視社会とイノベーション
・デジタル化が生んだ握手会 ほか

第3 章 企業が主導する「倫理」
・答えのない問題に答えを与えるということ
・橋問題とバイク問題
・自動運転車が優先すべき命
・人間中心のAI社会原則 ほか

第4 章 みんなが怖がる監視社会は本当に怖いのか
・ベンサムのパノプティコン
・紳士的な監視の時代
・「正しい行動」の圧力
・投票ではなくレビューで変える ほか

第5 章 未来はどうなるのか
・あなたの意思決定は後押しされている
・人間だから安心という嘘
・ネタバレを望む人々
・眼鏡を手放せるか ほか
著者略歴(岡嶋 裕史)
中央大学国際情報学部教授
1972年東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了。博士(総合政策)。富士総合研究所、関東学院大学経済学部准教授、関東学院大学情報科学センター所長を経て現職。専門は情報ネットワーク、情報セキュリティ。『いまさら聞けないITの常識』(日経文庫)、『プログラミング教育はいらない GAFAで求められる力とは?』(光文社新書)、『5G 大容量・低遅延・多接続のしくみ』『ブロックチェーン 相互不信が実現する新しいセキュリティ』(以上、講談社ブルーバックス)ほか、NHKテキスト、資格試験対策書など著作多数。
他の書籍を検索する