『東アジアの医療過誤法』の詳細情報

東アジアの医療過誤法
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 東アジアの医療過誤法
サブタイトル
著者 [著者区分]■アジア医療過誤法制研究会 [著・文・その他]
■石川寛俊 [監修]
出版社 日本評論社 レーベル
本体価格
(予定)
5200円 シリーズ
ページ数 304p Cコード 3032
発売予定日 2019-05-22 ジャンル 専門/単行本/法律
ISBN 9784535524101 判型 A5
内容紹介
医療過誤紛争を迅速・適切に解決するための法と制度の改革に取り組む中国・台湾・韓国。その現状を紹介し日本法への示唆を探る。
目次
『東アジアの医療過誤法』を推薦する 手嶋 豊

はしがき:なぜ東アジアの医療過誤法を検証するのか

第1部◆中国の医療過誤法
[第1章] 緒論
[第2章] 中国の医療制度および医療保障・保険制度
[第3章] 中国の医療過誤法
[第4章] 中国の現在の医療紛争解決法制
[第5章] 日本への示唆

第2部◆台湾の医療過誤法
[第1章] 台湾の概況
[第2章] 台湾における医療紛争の状況と特徴
[第3章] 台湾における医療糾紛に関する民事訴訟制度
[第4章] 台湾の医事鑑定制度
[第5章] 台湾における医療ADRの拡充と補償制度創設の動き
[第6章] 日本への示唆

第3部◆韓国の医療過誤法
[第1章] 韓国の概況
[第2章] 韓国の医療訴訟の現状
[第3章] 韓国の裁判例等
[第4章] 韓国の鑑定制度
[第5章] 韓国の医療事故ADR
[第6章] 韓国における憲法問題
[第7章] 日本への示唆

座談会◆東アジアの医療過誤法と日本法
[巻末資料]
著者略歴(石川寛俊)
弁護士
他の書籍を検索する