『はじめよう 地域産業連関分析 改訂版 事例分析編 ~Excelで初歩から実践まで ~ 』の詳細情報

はじめよう 地域産業連関分析 改訂版 事例分析編
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル はじめよう 地域産業連関分析 改訂版 事例分析編
サブタイトル Excelで初歩から実践まで
著者 [著者区分]■中野親德 [著・文・その他]
■土居英二 [著・文・その他]
■水谷 修 [著・文・その他]
■浅利 一郎 [著・文・その他]
■浅利一郎 [著・文・その他]
出版社 日本評論社 レーベル
本体価格
(予定)
2700円 シリーズ
ページ数 280p Cコード 3033
発売予定日 2020-01-22 ジャンル 専門/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784535559257 判型 A5
内容紹介
『はじめよう地域産業連関分析』(1996年)を20年振りに改訂し、基礎編と事例分析編の2分冊にて刊行。表計算ソフトExcelに準拠。
目次
第Ⅰ部 産業連関表からみた地域経済のしくみ
第1章 産業連関表から県経済の構造をみる
第2章 県民勘定行列から地域の経済循環を包括的にみる-産業連関表と県民経済計算との結合の試み-
第3章 企業規模別産業連関表で県の経済構造をみる

第Ⅱ部 産業
第4章 企業誘致の業種別経済効果-静岡県の例-
第5章 木材の地産地消事業の地域経済効果-「静岡ひのき・杉の家」推進事業の例-
第6章 魚のサプライチェーンによる地域経済効果-焼津さかなセンターの例-
第7章 都道府県別にみたTPPの経済的影響
【補論1】家計内生化モデルの意味と拡大逆行列係数の作り方)
【補論2】従業者数から売上額を推計する方法(回帰分析の利用))
【補論3】地域間産業連関表の作り方と理論モデル

第Ⅲ部 観光とイベント
第8章 静岡県内インバウンド宿泊客による経済波及効果
第9章 富士山の世界文化遺産登録による経済波及効果 
第10章 ラグビーワールドカップによる県内への経済波及効果
第11章 静岡ホビーショー開催による経済波及効果
第12章 花火大会の地域経済効果-静岡市安倍川花火大会の事例-
【補論4】均衡産出高モデルとその意味

第Ⅳ部 交通・公共施設・まちづくり
第13章 富士山静岡空港の地域経済波及効果
第14章 伊豆縦貫自動車道開通の経済効果
第15章 市街地再開発がもたらす地域経済効果-静岡市中心市街地の例
第16章 公立病院の経済波及効果-県立静岡がんセンターの例-
第17章 大学立地の地域経済効果-静岡市への大学設置を想定した例-

第Ⅴ部 地方創生・地域経済・地域環境問題
第18章 人口減少が地域経済に与える影響の分析-静岡市をの例に-
第19章 移住者1人あたり経済効果の原単位推計-静岡市の事例-
第20章 人口ビジョン達成に必要な観光誘客数の算定-下田市をの例に-
第21章 海外進出企業による進出先と国内への影響分析-地域間国際産業連関表利用例-
第22章 中国河北省における化石燃料の消費構造-接続産業連関表利用例-

終章 地域産業連関分析の新しい役割

おわりに
参考文献
索引
著者略歴(中野親德)
元・静岡県庁職員
著者略歴(土居英二)
静岡大学名誉教授
著者略歴(水谷 修)
1956年、神奈川県横浜市に生まれる。上智大学文学部哲学科を卒業。1983年に横浜市立高校教諭となる。1992年から横浜市立の定時制高校に勤務。2004年9月に高校教諭を辞職。在職中から、中・高校生の非行防止と更生、薬物汚染の拡大防止のために、全国各地の繁華街で「夜回り」と呼ばれる深夜パトロールをおこなっている。一方で、子どもたちからのメールや電話による相談に答え、子どもたちの不登校やこころの病、いじめや自殺などの問題にかかわっている。さらに、講演活動で全国を駆けまわっている。現在は花園大学客員教授
著者略歴(浅利一郎)
静岡大学名誉教授
他の書籍を検索する